FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

片付けと大デトックス その2

お気に入りスポット

-片づけと大デトックス その2-

(つづき) 


長年放置された物置小屋を片付けよう!

と心に決めたころ、たままた読んだ一冊の本。

それは、カレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える」。

家にため込んだガラクタを徹底的に処分・整理することで、
エネルギーの滞りを解消し、人生に新しい風を呼び込む、というような内容です。


この本を読むと、

家(または部屋)の状態=その人の状態、であり、同時に

家の状態=その人のからだの状態、でもあり、さらに

家の状態=その人の人生の状態、であることがよくわかります。


ガラクタ・・・自分が本当に好きではないもの、

不要なものをため込むことによる影響を甘くみてはいけないようで、

たとえ見えないころに押し込んで忘れていたとしても

自分の持ち物は例外なく、すべてその持ち主と常に見えない糸でつながれており、

愛情がないもの、必要ないもの、使わないものたちをとっておくことによって、

それらがその人の人生を重く、疲れやすいものにしてしまう・・・


そうしたガラクタをどうすれば処分できるのか、

整理することで、具体的に人生にどんな変化が起きてくるのか、
わかりやすく書かれています。

以前も読んだことがあったのですが、大変興味深く、面白い本です。

自分の経験からも納得できる部分が多々ありました。

(なんでも、この本を読んだ多くの人は、読んでるうちから
もう片付けたくて片付けたくて、たまらなくうずうずしてしまうのだとか。

このガラクタ処分から一歩進んだ、
空間を良きもので満たす「スペースクリアリング」という考え方も
毎日の生活はもちろん、お店をやる上でもとても参考になっています)


今回再びこの本と出合って、私の「片づけたい欲」がさらに刺激され、

「片づけよう! もう絶対に、片付けなくては!!」という気分になり、

5月の連休あたりから、ついに開かずの小屋を整理し始めました。


ジャングルのようなモノの山を目の前にして

なんだか気が遠くなりそうでしたが、家族にも協力してもらいながら

毎日少しずつ、すこしずつ。


たくさんのごみ袋。

自分のモノも意外とたくさんありました。

なんとランドセルや習字道具、さんすうセットがまだあったとは・・・


こんまりさん流に(?)ありがとう、と感謝の気持ちを伝えて手放し、

幼いころに遊んだたくさんのぬいぐるみ達には手紙を書いてさよならしました。


中にはもう手放す時が来ているけれど、

見ると思わずキュンとしてしまうような思い出の品もあったりして・・・

そういったモノであっても、気持ちを込めてお別れすることで、

かえって持っていた時よりも、思い出が自分の体とより一体化したような、
そんなふしぎな体験も何度かしました。


そんな風に片付け始めて数日たったころ。

やはり長年静止していたモノを動かす、ということの影響は大きいのか、

そしてやっぱり、外側と内側はつながっている、ということなのか、

自分のからだに変化が起きました。



(その3へつづく)




  1. 2017/06/14(水) 20:51:49|
  2. その他
  3. | コメント:0

片付けと大デトックス その1

矢車菊

-片づけと大デトックス その1-


今、私が一番情熱を注ぎ、夢中になっていること。

それは「家の片付け」。


もともと片付けや掃除は結構好きで、

自分の部屋や、自分の持ち物については

ここ5~6年でかなりすっきりと片付き、

好きなものだけに囲まれる快適さを味わいつつありました。


片付けの効果、というのはすごいもので、

自分の持ち物を自分が「本当に」好きなもの、必要なものだけに絞っていくと

何事も迷う時間が短くなり、判断が瞬時に出来るようになる気がします。


その空間にいるだけで心地よく、自分自身であることに満足でき、

自分がクッキリしてくるので、欲しいものも手に入りやすくなります。

(これ、ほんとに。特に何もしなくても
自分の好きなもの、必要なものがあちらから勝手に、
にこにこしながらやってくる、という感じ。
物だけでなく、人、情報、出来事なんかも・・・)


大々的な片付けでなくても、

ちょっと心がもやもやするな、とか、考えの整理がつかない、という時など

引き出しやタンスなどを綺麗に整理整頓したりすると、かなりスッキリできるので、

プチ片付けも日ごろからちょこちょこしたりはしていました。


しかし「大掛かりな、思い切った片付けをしたい欲」の波というのは、

過去を振り返ってみても、どうも「新しくなりたい欲」と連動しているようで。


今回も、もっと軽やかに、自分らしくなるために・・・もう一段階上に上りたいな、

という自分の気持ちがそうさせたのか、

春の連休の前に、ふと、家のある物置き小屋が気になり始めました。


この物置小屋、長らく・・・15年くらい・・・開かずの小屋化しつつあったのですが、

ふと、この小屋、片づけてスッキリさせた方がいいんじゃ・・・?という考えが浮かび、


心を決め、そっと扉を開けて中をチェックしてみると・・・

やっぱり。モノであふれてる!

2、30年来の思い出の品々、放置された過去の時間の蓄積、

行き場を失った物たちでひしめいていました。


・・・こりゃいかん!

自分のものはだいたい片が付いた、

今度は家のもの、家族のものを片付ける時が来たのかも・・・


この滞り、なんとかせねば・・・!


そんな風に思ったちょうど同じころ、

たまたまある本を読むことになりました。


(その2につづく)



  1. 2017/06/06(火) 17:11:13|
  2. その他
  3. | コメント:0

講座、行ってきたよ、レポート その③

エッセンシャルオイル

ハーブティーのブレンドの後は、チンキ作り、そしてアロマオイルのブレンドを行いました。


アロマオイル、自分で好きなエッセンシャルオイルを何種類か選んでブレンドしていくのですが、

これがとっても楽しかったです。


妹が「嫌な香りが一つもない!」と言っていましたが、

それぞれのエッセンシャルオイル、どれも本当に素敵な香りで、

ブレンドしても決してぶつかる、ということがなく、やわらかく調和していく、という感じでした。


一つ一つ、個性的で様々な香りをブレンドすることで、新しい香りが生まれて・・・

異なる香りをブレンドしても、香り同士、自分の個性を損なうことなく、

きちんと相手と調和するところがすごいなぁ、と思いました。




Ki-Bonは「マジョラム スイート」の香りがとてもとても気に入ったようで、

何度もクンクンしては

「あ~」とか「うーん・・・!」と

感嘆のためいきを漏らしていました。
(とても癒される香りで、私も大好きです)


エッセンシャルオイルのブレンドは、

音楽のハーモニー、「響き」を創り出しているようで、

これは本当にハマってしまいそうな、面白さと奥深さ。

(鼻で感じる音楽・・・!)



masayoさんにアドバイスをもらいながら、

それぞれ、自分たちのオリジナルの香りのオイルを完成させ、

最後に美味しいハーブティーとお菓子をいただき、たっぷりの講座が終了しました。


楽しくて素敵な体験でした。

講座の合間のおしゃべりもとっても楽しくて、

旅の話、食べ物の話、トリートメントの話、女性ならではの話など・・・

時間が許せばずっと話していたいような。(こういう場、いいなぁ)


masayoさん、お母さんのような温かさと安心感、
お姉さんのような頼もしさを感じさせる素敵な方でした。

本当にどうもありがとうございました。


こころとからだにやさしくて、肌に心地よく、気持ちも上げてくれるナチュラルなケア。

ぜひたくさんの女性にも体験してもらえたらいいな。







  1. 2017/02/05(日) 22:21:11|
  2. その他
  3. | コメント:0

講座、行ってきたよ!レポート その②

女性ホルモンについて学んだ後は、

ハーブについて、アロマ、エッセンシャルオイルについて、

主に女性特有の症状に対する効果や効能を中心に、説明していただきました。

ドライハーブ
ハーブティーのブレンドに使うドライハーブ。

かわいい・・・

もうこれを見るだけでワクワクしてしまいます。


右から二番めの真ん中のポンポンが一目で気に入りました。

「レッドクローバー」というハーブだそう。
(これ、入れよう)

ティーブレンド中!
Ki-Bonもごそごそ、リンデンをブレンド中。

姉妹そろって貧血気味なので、

ビタミンや鉄分、カルシウムが豊富なネトルもブレンド。

ohanabatakeda!

そこへMasayoさんがお気に入り、という

リンデン、カモミール、エルダーフラワー
をブレンドしたハーブティーを淹れてきてくださいました。

わ~素敵!
と思わず歓声。

カラカラのドライハーブがお湯の中で花開き、

ポットの中は満開の黄色のお花畑に。

これにときめいて、この3種類のハーブも追加決定!

エルダーフラワー入れようっと
最終的に合計7種類のハーブをブレンドしました。
(ちょっと入れすぎたかしら・・・でもカラフルで、満足。)


tokimeki!Herb tea
帰宅後に2人でさっそく淹れてみたハーブティー。

リンデンの花が可愛く咲きました。


ハーブティーの魅力は、香りがよくてリラックスできるのはもちろん、

見た目を楽しめる、というところも大きなポイントだと思います。(キュン・・・)


とても素敵なので、お店のお客様にもぜひ楽しんでいただきたいな・・・

ポットでお出しするハーブティー、そのうちお店でも実現できたらいいなあ、なんて思いました。


質の良いハーブだからか、味もやさしくてナチュラル。

心身共にリラックスでき、とても美味しくいただきました。


ちなみにハーブティー、というと女性のイメージですが、

我が家の父も「おいしい!」といっていたので

男性にもおすすめできそうです。


(その③につづく)





  1. 2017/02/01(水) 23:10:31|
  2. その他
  3. | コメント:0

講座、行ってきたよ!レポート その①

Kouza,ittekitayo!


先週の土曜日、

アロマトリートメントサロンmarjoram(マジョラム)のセラピスト、masayoさんの

「女性の為のアロマ&ハーブ講座」に参加してきました。


妹のKi-Bonと一緒に姉妹でおじゃまし、

女性ホルモンについて学んだり、ハーブティーやチンキづくり、

アロマオイルのブレンドなどなど・・・とても盛りだくさん、貴重な一日を過ごしました。

(それぞれが単体で講座のテーマになりそうなほど!濃い内容でした)



講座では、まず女性ホルモンについて、その仕組みやはたらき、

年齢による変化など・・・資料を使ってしっかりと学びました。


ふーむ・・・・あらためて、

女子の人生、女性ホルモンなしには語れないな、というくらい

こころとからだに影響を与えているということが分かりました。


講座では、それぞれが生活の中で感じることなども話しながら進んでいきました。


私は割と女性ならでは、の自分のからだの変化に敏感で、

周期によって、すごく眠くなったり、からだがむくんだり、高カロリーなものが食べたくなったり。

加えて普段だったらなんてことのない、ちょっとしたことがすごく気に障って

ムッキー!とおさるのように?おこったり、些細なことがすごく心配になったり

こころが張り詰め気味になったり・・・


こういったことも、ホルモンとその変化を学ぶと、確かにその働きと対応していて、

なるほどなるほど、どうりで。。。と納得します。


masayoさんがおっしゃていた通り、こういったホルモンの働きをはじめ、

女性のからだについて知る、ということはとても大切だと思いました。


何も知らないと、こころやからだの変化に振り回され、疲れてしまいますが、

「知る」ことで、事前に対策がとれたり、こころの準備ができたり、ほんの少し余裕が生まれます。


また、運動や食事、すいみんといった、基本的な生活を整えることがやっぱり大事だと、

あらためて分かりました。


いのちをつないでいくために女性に与えられた仕組み、

時に大変なこともあるけれど・・・積極的に受け入れて、寄り添い、

女性である自分のからだが喜ぶような生活を送っていきたいな、と思いました。



女性ホルモンについて学んだ後は、ブレンドハーブティー作り。

(その②につづく)




  1. 2017/01/25(水) 23:37:16|
  2. その他
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ