FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

4月6日-4月10日 ランチメニュー  -木のカップボード-

カップボード(風除室)

4月6日-4月10日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 熊本産アスパラの豚肉ロールフライ
魚料理 めかじきとなすのソテー ミルフィーユ仕立て 二色のトマトソース

・サイド・
やわらか豆腐とお刺身湯葉のだしあん うどの葉フリット
チキンとひよこ豆&黒豆のマリネ
新玉ねぎと卵のチーズ焼き
野菜とベーコンのスープ

・デザート・
和歌山産レモンのスフレチーズケーキ


_________

<上写真>
お店入口にある、木のカップボードです。

母がデザインし父が手作りしたもので、落ち着いた色合いで
(写真には写っていませんが)棚上部の枠はなだらかな曲線を描き、
抽斗には金の金具の取っ手がついている、エレガントで大人、なイメージのカップボード。
シックな小物がよく似合います。


カップボード(お部屋)

こちらは客室(お部屋)に置いてあるカップボード。

私が大学に入学した際に父が作ってくれたもので、
もともとは下宿先のアパートで使っていたものです。

上のものよりも直線的なライン、色をつけていないので無垢の木そのまま、
明るく若いイメージのカップボートです。

___________

下宿当時は、ここに電子レンジを置き、棚には日々の食事で使う食器を並べ、
抽斗には布巾やお弁当箱などを入れて使っていました。

今だったらレイアウトを考えながら自分のお気に入りの食器を並べてみたり、
植物や好きなポストカードや絵などを飾ったり、「インテリア」としても色々楽しむと思うのですが、
当時は特に使い方にこだわることなく、単に「収納」のためだけに使っていました。

もっと色々工夫すれば面白かったのになあ、と今では思うのですが、当時はまだ学生だったこともあり・・・
「日々の生活そのもの」を楽しむことよりも、もっと別の部分に関心が向いていたのだと思います。

毎日の生活を工夫しながら楽しめるようになることは
年を重ねることの醍醐味の一つ、と今では感じています。








スポンサーサイト



  1. 2015/04/20(月) 19:27:23|
  2. ランチメニュー