FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

寒露のランチメニュー

Room

寒露のランチは和スタイルでした。


サーモンの出汁あんかけ

サーモンの出汁あんかけ。

秋の食材で彩っています。

甘唐辛子の素揚げの下には、京芋のお団子。

黒人参の千切り、ラディッシュ、レッドベルベット(アマランサスのベビーリーフ)、

おろし生姜にすだちの輪切りを添えて。


地場のすだち、気に入っていて私も家ごはんで結構使っています。

もずくのスープに浮かべたり、秋刀魚の塩焼きに添えたり。


ジンジャーエールにレモンの代わりに入れても美味しい。

ライムの代わりに、すだちでジン・トニックを作ってもいいかも。

木、植えようかなぁ。





大根スープ

畑のルッコラと大根のスープ

お肉は、豚ロース肉のソテーと赤ワインソース。


オードブルにはパプリカのムースが付いたりして、

「和スタイル」とはうたっていますが、ちょっぴりクリスマスっぽさもありました。


ラムレーズンのサブレサンド

バタークリームをマスターしたので、

レーズンをダークラム酒に漬けて、サブレサンドを作りました。

発酵バターを使った風味豊かなクリームにラムレーズン、くるみを
さくさくのサブレでサンド。

これは冷凍して食べるのが断然美味しい!

ランチでもお出しするギリギリまで冷やしておきます。


これともう一つのデザートは、
カカオ70%、フランスのオーガニックビターチョコレートを使ったショコラ。

こちらもラムを効かせて、しっとりと大人の味に仕上げて。


秋になってくると、こういったこっくり系のお菓子が美味しく感じられ、

わが家でもお菓子と共にコーヒーを淹れる頻度が高くなってきました。




季節は日に日に冬に近づいていて・・・・

寒露の次は「霜降」(そうこう)。

霜が降りるころ、とされています。

たしかにここ数日、朝晩寒くなってきて、湯たんぽ復活中です。


霜降のランチは、和×イタリアン。

ベースはほっとする和の味に、オリーブオイルなどをプラスして、
ほんの少しイタリアンの要素を取り入れたメニュー。


今回のメインは、個人的にかなり自分好み!

お肉は、北軽井沢のやわらかなキャベツをサッと蒸して、
人参などの野菜と共に、豚肉ボールをスープ煮に。
お豆も入っています。

お魚は、新鮮なイワシをオリーブオイルパン粉焼きに。
焼きトマトなど数種の野菜を添えて。


豚肉ボールはひき肉ではなく、豚バラ肉と肩ロース肉をたたいて作っているので
お肉感をしっかり楽しめます。


旨味たっぷりのあったかスープメニューもいいけれど、

大好物の鰯も食べたい・・・・。迷う。


霜降のランチは11月28日まで。

食材の関係で、メニューは変更することもあるのですが、

この時期しか味わえない素材をたっぷりと使ったメニューを

お楽しみいただけたら、と思います。



スポンサーサイト



  1. 2019/11/01(金) 21:34:38|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0
<<色彩にあふれる季節 | ホーム | 秋の恵みを楽しむランチコース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する