-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

お伊勢さん参り

外宮

11月のお休みに家族で三重県、伊勢神宮へと行ってきました。

家族全員そろっての旅行はここ10年以上なかったので
本当に久々の、家族旅行でした。


朝一番に着いた外宮では人も少なく、
しんと静まり返った空気の中でお参りしましたが、
この日はちょうど新嘗祭の日。

午後には神宮もおかげ横丁も本当にたくさんの人で賑わっていました。


石段

神宮に到着するころに、それまで降っていた雨がちょうどやみ、
木々の間から差し込む日の光に思わず見とれちゃう。


ニワトリ夫婦

内宮でニワトリ先生発見!

真っ白な羽が伊勢神宮にふさわしい感じ。


内宮

伊勢は本当に、隅々まで清められていて、すべてがキラキラと輝いていました。


二見の海

夫婦岩のある二見興玉神社の海は風が強く少し荒波。

(旅館に泊まった翌朝、父一人の姿がないと思ったら
この海まで朝日を見に行っていたらしい。)



月讀宮

翌日は内宮の別宮である「月讀宮」へ。


紅葉

伊勢の紅葉の美しさは繊細ですごく綺麗。

中でも、この月讀宮で見た紅葉は特に心に残る素晴らしさでした。


手水舎

しかし2日間のうちにこう、日に何度も手水舎で身を清め、

お参り

おじぎをして柏手を打ち、お参りすることってなかなかない。

清らかな空間の中でおじぎをする度に、自然と身が正されていくような思いでした。


7年ほど前、一人旅ではじめてこの場所を訪れた時も感じたのですが、

伊勢神宮のこのすっきり感、清浄できらめいている感じって・・・

お部屋をすっかり片付け、隅々まで綺麗に掃除した後に感じるすがすがしさと
すごーく似てる。

私のこの一年は、お部屋と小屋と家とお店の片づけに明け暮れた、
「かたづけ、掃除、ととのえる」一年だったので

今回の伊勢神宮への旅行は自分にとって、その総仕上げのような気もしました。


お伊勢さんは「日本人のこころのふるさと」、とも言われていますが、

たしかにどこか大きくて、ふしぎな懐かしさがあり・・・

あのきめ細やかで、気持ちのいい肌当たりの空気のなかに、

もっといたいよ~!なんて思いました。


でも普段の日常に戻って、自分が毎日過ごす空間や世界を

あの場所で感じたような、すっきりと美しいものへと育んでいくこと、

きっとできるし、それが大事なことなのかもしれないな、とも感じました。


家族全員で行けた、ということもとても嬉しくて、

本当によかった。伊勢だけに「おかげさま」、な気持ち。

今年一年の締めくくりにふさわしい、大切な旅行となりました。

これからも節目節目で訪れればいいな。




(おまけ)
伊勢うどん

ふわふわ食感のこの伊勢うどん、

母はたいそう気に入ったらしく、2日連続で同じものを食べました。
(おみやげ用のものもしっかりGet!)




スポンサーサイト
  1. 2017/12/02(土) 14:42:22|
  2. その他
  3. | コメント:0
<<12月4日-12月8日  ランチメニュー  -ポカポカ薪ストーブ- | ホーム | 11月27日-12月1日  ランチメニュー -キャロット・ケーキ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する