-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

片づけと大デトックス その3

カレンデュラ

-片づけと大デトックス その3-

(つづき)

もしかしたらただの偶然だったのかもしれない。
たまたま流行りの何かに罹っただけなのかもしれない。

けれど、外と内、というのはやはり何かしらの関連性があるように
感じている私の個人的体験エピソードとして書いてみようかなぁ、と思います。

____


大々的な片付けについに着手した数日後・・・


からだにも大デトックスの波がやってきました。


普段はめったに風邪も引かず、
大きく体調を崩すとしても、それはたいていお正月など仕事がお休みの時だけ。

私のからだ、よくわかってる!なんて褒めていたのですが、
今回はお構いなしにやってきました。

長年の蓄積を片づけ始めて数日経ったころ、
ある日、キーン・・・と耳鳴りが一日中続いたかと思うと
次の日、なんか体がおかしいな、と思っているうちに

どんどんと熱が上がり40度近くに。


やった、からだのお掃除始まった!

・・・と喜んでいられたのは最初だけ。


翌日、熱が下がったかと思うと、
今度はのどが痛くなってきて、
連日連夜せきが止まらなくなりました。

それもコンコン、とか、
ゴホゴホ、なんてかわいいレベルのものではなく。


ゴーーッ! ゴーーーッ!!!

と、嵐のような、洪水のような・・・すさまじい轟音を
毎晩家じゅうに響き渡らせ、眠れない夜が数日間続きました。

せきをする度、全身がベッドから飛び上がる勢い。

(喉がやられ、声がまったく出せなくなった日もあったりして・・・
仕事では「いらっしゃいませ」も、「ありがとうございました」さえも言うことができず、
この日にご来店されたお客様、大変失礼いたしました・・・)


私の症状があまりにもすごいので、
心配した家族に言われて2回ほど病院にも行きましたが、

私としては、なんだか体の底の底から、
物置小屋と同じく、長年放置されていた不要なものを
自分のからだが一生懸命外へ外へと出そうとしているように感じて・・・

(病院で深刻な何かではない、ということを一応確認し、)
とにかく出そう、からだもお掃除しよう、と

症状を受け入れて、
実際の片付けの手も動かしつつ(この熱、自分でも止められない・・・)、
ひたすらからだ大デトックスに励むこと3週間・・・


ようやく完全に症状が治まり、すっかり元気になった頃には、
心なしか身体がスッキリとし、身軽に感じ、 
そして何だか前より少し強くなったような気分でした。


片づけとの実際のところの関連性はもちろん分かりませんが、

外も中もスッキリさせたい、という私の気持ちが反映されたのかなぁ、
ラクではなかったけど、まぁとにかくよかった、よかった、という気持ちです。


(ちなみにあまり関係ないのですが、大きく体調を崩した時は
いつも何かしらのメッセージを身体から受け取っていて。今回は
「もっと食べ物をよく噛んで食べるようにしてね。」
と、言われたような気が・・・心がけようっと・・・)



(その4へつづく。)










スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 18:38:14|
  2. その他
  3. | コメント:0
<<6月26日-6月30日 ランチメニュー -夏のオードブルとおしらせ- | ホーム | 6月19日-6月23日 ランチメニュー -梅しごと->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する