FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

12月26日- 12月28日 ランチメニュー -一輪挿しと手作りの食器-

一輪挿し3兄弟

12月26日- 12月28日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 ローズマリーでマリネしたチキンソテー バルサミコソース
魚料理 めかじきのガーリックパン粉 オーブン焼き

・スープ・
尾瀬にんじんのスープ

・サイド・
パッケリのきのこ&お豆ジェノベーゼソース
キャロット・ラペ
畑のサラダ

・デザート・
チョコレートとバナナのNYチーズケーキ


_______

写真は一輪挿し3兄弟。

益子に遊びに行った時に見つけて買ったものです。

こういった和テイストなものを洋な空間に取り入れるの、結構好きです。
(畳のお部屋に洋風の家具を置くのも素敵だな~と思います)

お店で使っているコーヒーカップもですが、
手作りの焼き物は、人と同じでそれぞれに表情があり、ずっと見てても飽きない。

作った人の気持ちが溶け込んでいるようで、あたたかく、なんだかいい感じ。

こういう一輪挿しには、さりげない野の花や、季節の草木などを挿すのが似合いそうです。

3つしか買わなかったので、窓辺のお席で使っていますが、
もっと買えばよかったかも・・・

なぜか「ずん胴型」のものばかり選びましたが、

他にも、逆三角形型や女性のトルソのようにくびれたものなど、
いろいろな形や色、質感のものがありました。


kichintoGOHAN!

「手作り」つながりで、

こちらは毎日の食事で使いたい、と思って買った作家さん(職人さん?)手作りの食器たちです。

仕事中は、なかなか自分たちの食事まで細やかに気を配れなかったり
パパッと簡単に済ませておわりだったり
(加えて食べるの大好き、「つまみ食い族」でもあります)


でもやっぱり、一日に一度くらいは、きちんとした食事を綺麗な空間で
美しく食べたいな、という思いがあって・・・

それならば、まずはいい食器を自分のためにそろえよう、と思いきって買ったのがこれです。

お茶碗と小鉢は、女性作家さんのもの。
色は白一色でも中は艶があってつるつる、表面の下半分はざらざらとしたマットな質感です。

お椀は桜の木で出来た漆塗り。

お箸は、丁寧に削られていて、手に自然にフィットします。


それぞれとてもきめ細やかに作られていて
最初は使うことに何だか気が引けましたが、

実際使ってみると、その繊細さをさらに肌で感じました。

ごはんとお味噌汁、という日常の何気ない食事が途端に上質なものに。

口や手に自然に優しく寄り添ってくれ、
食器も食事の味を形作る、ということがよく分かりました。

(美しい食器を使うと、不思議と食べる姿勢や箸使いもシャンとする気がします)



最近はまた、年末のあれやこれやで、この食器たちの出番が少なくなってきているので・・・
(セカセカ気分だったりすると、なぜかこの食器に手が出ない)

またどんどん使っていきたいです。

新しい一年に向けて、改めて毎日の食事を大切に、楽しんでいこうと思います。







スポンサーサイト
  1. 2016/12/28(水) 22:30:30|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0
<<年末年始休業のおしらせ | ホーム | 12月19日-12月23日 ランチメニュー -Christmas Lunch->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する