FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

年末年始休業のおしらせ

Thenk you!

-年末年始休業のおしらせ-

12月29日(土)~1月6日(日)

お弁当、ランチ共に休業致します。



_______


今年も一年、どうもありがとうございました。

訪れて下さった一人ひとりのお客様に感謝いたします。


これからも自然と土地、

そしていつも足を運んで下さる皆さまと共に

一つひとつていねいに、心安らぐ時間と空間を

大切に作っていきたいと思っております。


2019年が皆さまにとって素敵な一年となりますように。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト



  1. 2018/12/30(日) 19:14:42|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

12.26-12.28 ランチメニュー

mimi

12.26-12.28 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 京芋チーズの豚ロース肉巻きフライ トマトソース仕立て
魚料理 長芋とめかじきの粒マスタードソース

・スープ・
根菜スープ

・サイド・
菜の花と赤米のごまソース
地場れんこんのフリット 
本日のサラダ

・デザート・
バナナとくるみのCake&ゆずのソルベ

<メモ>
サイドのフリット、
地元群馬の、無農薬・無漂白の歯ごたえしっかりの
れんこんを使いました。

デザートのソルベは、ご近所の方からたくさん頂いた柚子を
まるごと!
皮も実も、果汁も入れて、柚子がギュッと!詰まった濃厚ソルベになりました。


_____
ほかほかあんまん

中華セイロが欲しいなーと思っていて、
でも職人づくりのちゃんとしたセイロって結構高価で

まぁそんなに急がなくてもそのうち買えればいいかな、
と思っていたら。

朝、目覚めたら枕元にセイロ三段重ねが・・・!?

サンタが買ってくれました。わー^^(小躍り)


日本の熟練した職人が作ったもので、
胴の部分はヒノキ、綴りは桜皮、蓋は竹のアジロ編み、
間に薄い経木と、4種類の素材で出来ています。

高価なのも納得、でもきちんと手入れすれば一生ものなので
長い目で見れば決して高くはないんじゃないかな。

天然素材で余分な水分、塩分は抜ける一方
必要な熱と栄養分は逃さず食材がふっくら美味しく仕上がります。

蒸かすとフワーっとヒノキのとってもいい香り。


さっそくシュウマイや肉まん、ごまあんまんを作って
ハフハフ楽しんでいます。

お豆腐や野菜を手軽に蒸かしてもいいし、
冷えたごはんもセイロで温めるととっても美味しい。

水をお鍋で沸騰させて、その上に乗せて使うだけ、
使った後も、軽い汚れであれば、ふきんでサッと拭いて陰干しさせればOK。

手軽に使えて、しかも美味しく仕上がるおすすめの調理器具。


来年も良い子(?)にしてなくっちゃ。
(次はおひつがいいな♪・・・ちゃっかり?)











  1. 2018/12/30(日) 18:37:48|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

2018年 クリスマスランチコースメニュー

クリスマスコースメニュー

今年も無事にクリスマスコースが終了しました。

このBlogでもメニューを紹介したかったのですが、
なんと今年は写真を撮り忘れてしまい・・・


代わりに絵を描いてみました。

おぼろげな記憶をだけを頼りに描いたので、
完全なイメージ画です。


-2018 Christmas Lunch Menu-

オードブル

・オードブル・
二色のパプリカのピュレ アボカド&サルサソースをのせて
クリームチーズと干し柿、くるみのバケット
生ハムとカッテージチーズ、カラー大根のサラダ


スープ

・スープ・
カリフラワーのクリームスープ


サイド

・サイド・
スチーム野菜のオーロラソース
マカロニグラタンのフリット
黒オリーブとマッシュルームのミートローフ 三日月パイ添え
きのこの炊き込みピラフ


メイン

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のソテー 赤ワインソース仕立て ジャガイモのピュレ添え
魚料理 めかじき(orサーモン)のソテー 焼きトマトとモッツァレラチーズをのせて



デザート

・デザート・
モワルー・オ・ショコラ
(&お口直しのサービス:ル・レクチェのソルベ)

モワルー・オ・ショコラ

デザートのショコラだけは写真が!

この中央がトロっと半熟のモワルー・ショコラ、
焼き方になかなかコツが必要でむずかしく・・・

半熟加減によってはカップのままでお出ししたりもしました。


7回目のクリスマス、だいぶ慣れてきたとはいえ、
まだまだ課題もたくさんあり、これからも学びの日々です。


ご来店くださったお客様、
皆さまおひとりお一人に、心から感謝申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。


そうそう、最近はインスタに素敵に写真を上げて下さるお客様も多く、
私たちもときどきふむふむと参考にさせていただいてます。

料理は絵などと違い、
すごく盛り付けがきれいにできた!と思っても、お皿の上のキャンバス、
日々出来ては消え、出来ては消えていく、とどめておけない
本当に一瞬だけの色の世界で、とてもはかないものですが、

その分、食べた人の身となり記憶となっていく、というところに
永遠の魅力を感じます。

一瞬だけの美、というのは実はとても贅沢なことなのかも。

常に流れている、という点では音楽にも似ている気がします。






  1. 2018/12/30(日) 16:20:29|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

11.19~12.14ランチメニュー -南仏家庭料理体験-

8

11.19-11.22 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のソテーと季節野菜のオーブン焼き
魚料理 秋鮭ときのこのバターソテー 甘栗&京芋を添えて

・スープ・
ポトフー

・サイド・
カラフル大根のサラダ
バケット

・デザート・
ラ・フランスのクラフティ


<メモ>
スープはゴロンと大きめにカットした
にんじんやじゃがいも、たまねぎなどの野菜がたっぷり、の
冬のあったかメニュー、ポトフでした。


ゴルド

11.26-11.30 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 チキングリル れんこんステーキと舞茸を添えて
魚料理 京芋チーズニョッキと長崎産あじのオリーブオイル焼き トマトソース仕立て

・スープ・
紫芋のバタースープ

・サイド・
黒にんじんと五穀米のきんぴら 
鶏ハムのごまソース
本日のサラダ

・デザート・
瀬戸内レモンクリームのメレンゲパイ


9

12.3-12.7 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のソテー 柚子胡椒だれ 香りネギをのせて
魚料理 北海道産 真鱈のソテーとアンチョビガーリックポテト

・サイド・
人参バタースープ

・サイド・
京芋チーズボール
かぶと金柑のマリネ
本日のサラダ

・デザート・
黒ごまのプリン 黒糖ソース


12

12.10-12.14 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 彩り野菜とハーブチキングリル
魚料理 紅芯大根のコンフィとめかじきの柚子入り西京味噌ソース

・スープ・
ミネストローネ

・サイド・
金時芋とクルミのサラダ
カリフラワーのカレーフリット
本日のサラダ

・デザート・
ティラミス

____


南仏への旅、リル・シュル・ラ・ソルグ、ルシヨンの後には
グルトのレストランで食事をし、ゴルドの鷹の巣村を周り、
村のカフェでお茶をし、濃密な一日に。


シャンブル・ドットの奥様、Yokoさんに様々な場所をガイドしていただき、
村々の歴史や自然、文化を教えていただき、より深くそれぞれの土地に触れることが
出来ました。


中でもレストランやカフェでのおしゃべりがとっても楽しくて!

フランス人の生き方や価値観が新鮮であり、カルチャーショックでもあり、

時間や働き方に対する捉え方が日本と全然違っていて、
えー!!そうなのー!日本じゃ真逆だよね、というようなこともたくさん。


時間感覚でいえば、日本人よりも緩くて
時間はあくまでも「めやす」。
きっちり守らなきゃ、というものではないらしい。

それよりも、身のふるまい方、「エレガントであること」がすごく大事みたいで、
食事の時なども、きちんと背筋を伸ばして胸を張り、肩を落とす、といった
美しい姿勢を保つこと、子供のころから躾けられるのだそう。

たとえ人との待ち合わせに遅れて、バタバタと支度をしていたとしても、
待ち合わせの相手の姿が見えてきた途端、優雅にフーンと余裕の風を吹かせて
何事もなかったかのようにゆったりと歩いてくるのだとか。
(そして特に謝らなかったり笑)

日本だったら、相手の姿が見えた途端、
バタバターっと走って、アセアセ、いかにも急いでやってきました!とか、
ありそうだよね、と笑ってしまいました。



面白かったのは、フランス(南仏?)のレストランでは、
料理を出すのが遅ければ遅いほど良い、とされるというところ!


フランス人にとって食事はかなり大切な営みで、
友人や家族と語らいながらゆっくり楽しむもので、
次々と料理が出てくるのは、そんな楽しみの時間の中「早く帰れ」と言われている、と捉えるからみたい。

たしかにこのお話を聞いたグルトのレストランでも、周りを見渡してみると
皆さん本当にゆったりと、食事が終わった後も仲間たちとのおしゃべりを楽しんでいました。

何事もゆっくりと時間をかけていきたいタイプの私にとって、
この「時間」に関する話、結構刺さりました。

南仏の美しい自然と石造りの家々を眺めながらのこの食事は、
おだやかでゆったりとした呼吸を思い出させてくれて・・・

「時間」のもつ価値を、まずは自分が正面から、きちんと認めるきっかけになりそうです。



フランス人の仕事に対する考え方もまた異なっていて、
宗教的な背景もあるようですが、フランスの人々は労働を「罪」と捉えているところがあって、
基本的に仕事はなるべくしない。(好きじゃない?)

仕事帰りに同僚と飲んだりする習慣はなく、基本家にすぐに帰る。

「個人」、という考えが強いので、
例えばお店であれば、「店員さん」と「お客さん」ではなく、
「A(私)」と「Bさん(あなた)」、固有名詞の関係で接するのだとか。

(会社であれば、「△△会社の社員」、ではなく◎◎という一人の人間として、ということになるのかな)

そのため、お客さんだから、店員さんだから、こういう振る舞いを求める、ということはなくて、
個人対個人の対等なお付き合い、一人ひとりに対するサービスも違って当たり前。

この考え方、すごく新鮮で、そして、自立と責任がそれぞれに求められる
大人の世界だなー、と感じました。


お店での買い物の仕方にもそれが表れていて、
日本であれば、無言でお店に入り、無言で商品を手に取り、
無言でレジに持っていき、無言でお店を出る、こともしようと思えば出来てしまいますが、

フランスでそれをやったら完全に「不審者」になってしまいます。

お店に入ったら必ず目を合わせて「Bonjour!」と挨拶するのが必須で、
商品も一言断ってから手を触れるのが基本なのだとか。
立ち去る時も「Merci!」と必ず。

なんだかお店、というより他人の家におじゃましているみたい、と思っていたら、
まさにそれで、フランスでは買い物する側は人(お店)の持っているもの(商品)を
見せてもらっている、という感覚なのだそう。


うーん。面白い。
そしてこの国では喋らずに生活するの、不可能なんだな、と思いました笑


このフランスで経験した自分自身として、あなた自身と接する、
という姿勢は自由で、すごく好きな考え方。

理想の仕事の仕方、そして生き方かも。



ところでお休み大好きなフランス人、
年に一度の一か月近くのバカンス、
どんな風に過ごすのですか?と聞くと、

何もしない、のだとか笑。

というか、そもそも何もしないのがバカンスであり、
好きなだけ寝て、昼頃ぼーっと起きてきて、朝ごはん(?)食べて、
だらだらしてたら夕方になって、アペリティフで飲んでそのうち夕ご飯になって一日が終わる。
何日かして気が向いたらちょっと観光に出る、というような。


このゆったりリズム、羨まし~!

私は日々まめまめしく誠実に働き、
相手の感情や気持ちを細やかに気遣ったりする日本の風土も好きで、
「日本人」であること、をすごく大切にしていきたい、と思っているのですが、

急ぎすぎて疲れてしまったり、遅れないよう、時に自分のリズムを無視してでも頑張ったり、
細やかが行き過ぎて小さなことにもイライラピリピリしたり・・・

そんな風にバランスを崩しそうになってしまったとき、
異なる価値観である土地に身を置いてみる、というのはとてもいい学びだなぁ・・・・。


今回出会いに恵まれた、というのもあると思いますが
フランスで出会った方々、皆さんとってもおおらかで、心と時間に余裕がある、という印象で。

電車の中でも、都会の街の中でも、困っていると笑顔でサッと手を差し伸べてくれる姿に感動してしまいました。
(もちろん、ぼーっとしているとスリに合ったり、と、日本にいる時より何倍も気を引き締めなくては
いけなかったりはしますが)

日本にいると、街中で会う知らない人との間には壁があって、
困っている人がいても、簡単に話しかけられずどこか他人事、「外野」になってしまう
こと、私にもあった気がする。

私も日本に帰ったら、たとえちょっとしたことでも
積極的に周りをよく見て、手助けしていこう、

そう強く思えるくらい、素敵な姿でした。
もしかしたら、人間として当たり前の姿を見せてもらったのかもしれないけれど。

_______


村めぐり翌日は、
シャンブルドットの素敵なお宅で旦那様と
南仏家庭料理を体験したのですが、

長くなってしまったので、ひとまずここで終わりに。

この続きはまた来年あらためてどこかで書ければいいかな、と思っています。


(フランス旅行記を書いたところ、
お客様たちが海外旅行の体験をお話しくださったりして、
楽しいです。
海外でも、国内でも、旅行体験のお話ぜひ聞きたいです☆彡
&登山体験も、ぜひ笑)











  1. 2018/12/07(金) 21:56:20|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

11.12-11.16 ランチメニュー -畑のちびニンジン-

バルサミコ照り焼き

11.12-11.16 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 京いもチーズの豚ロース巻き バルサミコ照り焼き
魚料理 北海道産真だらとカマンベールチーズのフリット 瀬戸内レモンを添えて

・スープ・
ミネストローネ

・サイド・
きのこのオムレツ
ローストかぼちゃとカリフラワーのサラダ
本日のグリーンサラダ

・デザート・
クーベルチュールのチョコレートプリン


<メモ>
ごはんの左側にあるのはケールの素揚げ。

付け合わせのチビにんじんは、畑でとれたものです。

このにんじん、1~2年くらい前に畑に種をまき、そのままにしておいたら・・・

花が咲かせた後、そのこぼれ種で勝手に(?)育っていたもの。

固定種の種だからかな。ちょっと感動してしまいました。

真鱈フリット

魚料理のフリットにも。
(その他の野菜は、インゲン、プチトマト、紫のジャガイモのフリット。)

同じように、根もこぼれ種で、畑に何本も育っていました。

種を蒔いた一年目はほとんどできなかったので、うまくいかなかったな~なんて思っていたのですが・・・

なんかフサフサ葉っぱが茂ってる・・・? あれ、だいこんがこんなに!!びっくり!
二年越しに実を結ぶとは。(ほっておいただけだけど・・・)

健気な姿に、大根が健気で可愛く、愛おしく思えました。
自然のサイクルって無理がない。


チョコレートのプリン

デザートはなめらかクーベルチュールチョコレートのプリン。

上に乗っているのはメレンゲ。

このアイビーの深緑×ダークチョコレートの茶色×白(クリーム)の
色の組み合わせって、ナチュラルなんだけれど洗練された大人のイメージで結構好きです。








  1. 2018/12/05(水) 01:22:56|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

11.5-11.9 ランチメニュー -南仏 美しい村めぐり-

6

11.5-11.9 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 モッツァレラチーズ入り イタリアンメンチ トマトソース
魚料理 生めかじきのソテーと京芋のごまクリームソース

・スープ・
白ネギのスープ 春菊の香り

・サイド・
カボチャとカッテージチーズのサラダ
黒米とお豆の入ったきんぴら
季節野菜のサラダ

・デザート・
さつまいもの秋Cake チーズクリーム&メープルソース


<メモ>

肉料理は揚げたて、あつあつの中からチーズがとろり、の
大人気メンチカツでした。

魚料理に添えた京芋は自家製のもの。
甘みがあって、ほくほく。いくらでも食べてしまいそう・・・。

________

パリから南仏へ。

「観光」だけでなく、暮らすように旅してみたい・・・と思っていたので
南仏、アヴィニョンではシャンブル・ドットに滞在しました。


シャンブル・ドット、とは、フランスの個人の一般家庭の方が
旅行者のために朝食と部屋を提供する民宿のようなもの。

ホテル滞在ではなかなか体験できない、現地の「暮らし」を垣間見ることができます。

今回私たちは、日本人の奥様とフランス人の旦那様が営む、
たくさんの木々やハーブ、花々に包まれた素敵なシャンブル・ドットにお世話になりました。

初日は南仏の美しい村々をガイドしていただき、
美しい自然と、何百年も続く石造りの建物を見てきました。

7

ピンク色の村、ルシヨンの役所。

ルシヨンはオークル、という黄土色の土が産出する村で、
村の建物は全部、このオークルで彩られています。

遠くからみると村全体が美しいサーモンピンク・・・
でも村に入ってよーくみると、同じピンクでも建物一つ一つで、
微妙に色が違っていて。
(フランス人は人と同じ、ということを良しとしない、らしい)

その濃淡がまた、全体を立体的で美しい姿にしているのかもしれません。


リル・シュル・ラ・ソルグ

運河に囲まれた町、リル・シュル・ラ・ソルグでは
アンティーク蚤の市とマルシェを体験。

水の町、運河の上に建物が建っていたりして。

美しい清流が建物の下を流れていくのを窓辺から見ながら
お茶できるカフェ、素敵だったな。

アンティークも、マルシェも楽しかったのですが・・・

5

私が一番心ときめいたのは、このお菓子屋さん。

外から見える、このパイやパン以外にも、
お店の中に入ると、地元の豊かな食材をたっぷり使った、
それはそれは目にも麗しいお菓子やケーキがたくさん並んでいて・・・

か、可愛いすぎ・・・・天国に来た・・・!
と思わずトキメキで目がウルウルしました。

日本にももちろん、素敵なお菓子屋さんやケーキ屋さんはたくさんあると思うのですが、

なんだろう・・・洋菓子の「本家」、だからかな。

南仏の美しい自然や、それが産み出す豊かな食材が
お菓子にそのまま映し出されている感じ。

そこに住む人々の遊び心やこころのゆとりが
ちょっとした飾り付けにも反映されているように感じました。


(つづく)





  1. 2018/12/01(土) 23:24:17|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0