-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

2.19-2.23 ランチメニュー -畑のゆめ-

猫柳

2.19-2.23 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のソテー 赤ワインソース
魚料理 里芋の揚げニョッキと真鱈のソテー トマトソース仕立て

・スープ・
白菜の蒸し煮 クリームソース

・サイド・
紅菜苔(コウタイサイ)の和風だしジュレ
シルクスイートのサラダ
黒人参ともち麦の洋風きんぴら

・デザート・
干し芋とクルミのブランデーケーキ
干し柿入りチーズクリームを添えて


<メモ>
サイドの紅菜苔(コウサイタイ)は、
赤紫色をした菜花の一種。

出回る時期の短い、旬の野菜です。


デザートは干し芋を使ったケーキ。

ずっと干し芋をお菓子に使ってみたかったので、
念願叶っての、登場です。

同じく和のドライフルーツ、干し柿もクリームに入れて。

干し芋と干し柿、なんて
なんだか一見すごく地味な印象なのですが、

甘味がぎゅっと凝縮されているせいか、
ケーキに入れるとまるでスイートポテトのような、
味と香りがしました。

和の食材を使ってのお菓子、もっと研究してみたいです。


自然農わくわく

春を告げる植物、猫柳が咲き、
季節も雪解け水が大地を潤し始める「雨水」に入ると、
そろそろ畑仕事の準備がはじまるころ。

仕事との両立はなかなか大変で、
ここ最近畑はずっとほったらかし状態になっていたのですが、

この「自然農」の教科書を読んで、
やっぱり畑♡やりたいな!とわくわくしてきました。

この「耕さず」、「持ち込まず」、「草や虫を敵としない」
自然農、すべての生物にやさしい、という点がとてもしっくりと腑に落ちるものでした。

自然農の畑では、草や様々な植物、生き物が共に育っていて、
よくある畑のイメージとは少し異なっているのですが、

たしかに自分がもし人参だったら・・・
こういう畑で育つ方が楽しそうだな、という感じです。


この本を読んですぐ、畑の夢をみました。

学校か何かで、班ごとに畑が割り当てられていて、

それぞれ自分たちの畑では何をどのように育てるか、自由にデザインしてOK、

キッチンもすぐ近くに備え付けらていて、育てた野菜も好きに料理できる。

私も仲間と一緒に自分たちの畑に行ってみたら、
一面に淡いグリーンの美しい草が生えていて、
片隅ではすでに人参が育っていました。

それがまた、きらめく心地の良い夢で、
おかげで畑いいかも~と春に向けてますます感じています。




スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 18:05:10|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

2.13-2.16 ランチコース -バレンタインショコラ-

タルト・ショコラ

2.13-2.16 ランチコース

・メイン・
肉料理 焼きカブと豚ロース肉のソテー ガーリックオイルソース
魚料理 気仙沼産めかじきとアボカドのフリット レモン塩を添えて

・スープ・
蒸し野菜のスープ

・サイド・
人参のマリネ
パッケリのひき肉詰めトマトソース
季節の野菜サラダ

・デザート・
タルト・ショコラ オレンジ風味


<メモ>
サイドメニューの「パッケリ」とはパスタの一種で、
大きな円柱型(井戸型)をしたパスタ。

茹でてその穴にひき肉種を詰め、トマトソースをかけた
ラザニア風のメニューなのですが、ラザニアよりも
モチモチっとした歯ごたえの楽しめました。

ランチではシンプルにトマトソースだけでしたが、
チーズをかけても美味しい!


_______

バレンタインの週だったので、毎日ショコラ、ショコラ・・・
チョコレートばかり食べていたような気がします。

今年はスクエア型でタルト・ショコラを作りました。
チョコレートと相性の良いオレンジ・リキュールを効かせて。


週に一度、ショコラティエでとっておきの高級ショコラを一粒だけ買い、
残りの一週間を乗り切る女性の話を何かで読みましたが、

魅惑のチョコレートには、ほんの少しをエレガントに楽しむ、
そんな大人で贅沢な時間が似合うのかもしれません。



  1. 2018/02/25(日) 17:43:24|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

2.5-2.9 ランチメニュー -スパイスチキングリル-

スパイス・チキングリル

2.5-2.9 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 チキンとカラー野菜のスパイスグリル
魚料理 サーモンのバジルトマトソテー

・スープ・
さつまいものスープ 紫芋のソース

・サイド・
メークイーンのポテトサラダ
人参とかぶのマリネ  etc....

・デザート・
抹茶のくずもちとお豆のグラスデザート


____

今回は写真のスパイスグリルがとても人気でした。

ターメリックライスとヒマラヤ岩塩を添えて。


デザートは抹茶のくずもち風のプリンをグラスで作り、
桑茶のシフォン、ゆるくホイップした生クリーム、
じっくり炊いたお豆三種(あずき、大福豆、トラ豆)、
黒蜜でミニパフェ風に仕上げました。

  1. 2018/02/25(日) 17:19:50|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

1.29-2.2 ランチメニュー -新春ワークショップ-

新春ワークショップ

1.29-2.2 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 豚薄切りロース肉ときのこのクリームソース 
魚料理 北海道産 真鱈と根菜のトマトスープ

・スープ・
さつまいものスープ 紫芋ソース

・サイド・
かぼちゃと紫キャベツの素揚げ&セロリマヨソース
冬大根のさっぱりマリネ
グリーンサラダ

・デザート・
糀甘酒のプリン ごまのチュイール


______

オリジナル歯みがき粉

1月最後の日曜日の午後は、お店でナチュラルケア用品づくりのワークショップでした。

セラピストのMasayoさんの講義を受け、みんなでミツロウクリームと歯みがき粉を手作り!

エッセンシャルオイルの上質な香りに包まれながらの、楽しいひと時でした。


ミツロウクリーム

講座で作った私のミツロウクリームも、さっそく化粧品コーナーに仲間入り。

材料となるミツロウ、とても質の良いもので、
このまま食べられるんじゃないか、と思えるくらいはちみつの甘く良い香りがしました。

シンプルで肌が喜ぶ、優しい、気持ちの良い使い心地。
ちょっとした傷ややけどにも効く万能クリームだそう。

日々使うものだからこそ、質の良いシンプルなものを、
そして気持ちがうき♪っと上がるものを手作りで・・・

使ってみて、有機的?な印象を受けました。
生きたクリーム、という感じ。
何かと使えるのであっという間になくなってしまいそう・・・。


ワークショップ、女子会みたいで楽しかった♡
可愛らしい小学生の女の子も参加してくれました。

こういったワークショップ、また機会があれば企画したいな、と考えています。


甘酒プリン

ワークショップのデザートは、
ランチでもお出しした「甘酒プリン」。

米麹でつくる甘酒が大好なので、
豆乳とあわせてプリンにしてみました。

プリンの甘味はほぼ甘酒のみで、お砂糖なしのやさしいデザート。

甘酒と相性の良い、生姜を漬け込んだジンジャーメープルシロップをかけて頂きました。

食感のアクセントにごまのチュイールを添えて。

甘酒も、豆乳も好き嫌いがあるから万人向きじゃないかな・・・
とドキドキしていましたが、
予想以上に好評いただけて嬉しかったです。






  1. 2018/02/02(金) 21:12:48|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0