-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

10月16日-10月20日 ランチメニュー -店頭お菓子-

りんごケーキ

・メイン・
肉料理 秋ナスと豚ロース肉のソテー
       モッツァレラチーズをのせたトマトソース

魚料理 石持と京芋のから揚げ ゆず胡椒だれ-秋仕立て-

・スープ・
バターナッツかぼちゃのスープ

・サイド・
ボッコリパスタのジェノベーゼソース
人参とレーズン、ナッツのマリネ
季節の野菜サラダ

・デザート・
紫芋のパイ


_____

店頭販売のお菓子、ここ最近は
米オイルでつくる、ふんわり食感の米粉入りケーキを中心にお出ししています。

写真はりんごとナッツですが、
他にもフレッシュプルーンやかぼちゃ、にんじんやバナナ、キャラメル&モカなど
色々とバリエーションを楽しんでいます。

ランチのデザートは少しリッチに、
店頭はこんな風にラフでざっくりした感じのお菓子をお出しするのも
いいかな、なんて思っています。

またケーキに加えて、今週は玄米粉入りのキャラメルビスケットもおすすめ!

地粉と玄米粉を合わせた生地に、手作りのキャラメルクリームを加えてさくさくに焼き上げます。

これはコーヒーにも、紅茶にも合うかな。



スポンサーサイト
  1. 2017/10/24(火) 17:59:53|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

10月10日-10月13日 ランチコース -ルッコラ-

ルッコラ

10月10日-10月13日 ランチコース

・メイン・
肉料理 チキンとバターナッツ、なると金時のロースト
魚料理 真鱈とカリフラワー、かぶの京みそクリーム煮

・スープ・
焼きロールキャベツのスープ

・サラダ・
柿とピーラーマリネのサラダ

・ごはん・
ターメリックライス

・デザート・
モンブランクリームのティラミス風


(メモ)
メイン肉料理はバターナッツ(ひょうたん型のかぼちゃ)と
なると金時を使った、秋らしさ満点のメニューでした。

魚料理は真鱈の京みそを加えたコクのあるクリーム煮。

スープは焼き目をつけたロールキャベツに
シンプルなコンソメスープをかけて。

デザートは、栗の渋皮煮をアクセントに、
モンブランクリームとクリームチーズのティラミス風。
ふわふわのシフォン風スポンジに合わせました。

栗の旬、というのは短いなぁ、と今年改めて思いました。

スーパーや八百屋さんに並ぶ短い時期を逃さずGetしないと
あっという間に終わってしまう!と実感。

少し手はかかりますが、まとめて渋皮煮にしておくと、
クリスマスやお正月にも、贅沢なデザートとして楽しむことができます。


_______

今年の秋まきのルッコラ。

去年育てたものから種を採りました。

元気に成長中!


  1. 2017/10/24(火) 17:40:54|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

10月2日-10月6日 ランチコース -ベンチ-

ベンチ

10月2日-10月6日 ランチコース 

・メイン・
肉料理 豚ロース肉と蓮根、長芋のソテー
魚料理 銀鮭のソテー レモンバターソース

・スープ・
野菜スープ

・サイド・
ズッキーニのオープンオムレツ
紫芋のクリームソース
野菜サラダ

・デザート・
柿のラム酒シロップとレアチーズのグラスデザート

(デザートメモ)
今年は柿が豊作でした。
少し固い柿でも、砂糖と水で煮詰めたシロップに生のまま一晩漬けておくと、
完熟した柿のように甘く柔らかくなることを発見。
ラム種で風味付けて。


______

白いベンチが出来、中庭がよりガーデンらしくなりました。

駐車場には二人掛け用のものを。






  1. 2017/10/24(火) 17:17:05|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

9月25日-9月29日 ランチコース -カレースープ仕立て-

カレーソース仕立て

9月25日-9月29日 ランチコース 

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のソテー
       ガーリック粒マスタードソース 6種の野菜添え

魚料理 北海道産 真鱈と揚げ野菜のスパイス香るカレースープ仕立て

・スープ・
バターナッツかぼちゃのスープ

・サイド・
ひよこ豆のコロッケ
ボッコリのトマトソース
季節の野菜サラダorマリネ

・デザート・
カフェ・モカロール くるみのキャラメリゼ


___

色とりどり野菜

今週の魚料理は、真鱈と揚げ野菜のカレースープ仕立て。

スパイス香る、本格的なカレーソース、
鯛のあらでしっかりとした出汁をとったので奥行のある味わい!


今週メインはお肉もお魚も、野菜がかなり色とりどり。

厨房の作業台もカラフルでにぎやかでした。


パスタ入りマリネ

サイドの赤米と野菜のマリネ。

よく見ると、私が母にあげた八ヶ岳のおみやげ、
「そば粉のパスタ(ネジネジ)」がさりげなく入っていました。




  1. 2017/10/24(火) 17:04:03|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

100m先の響きと100年後の世界 その2

ざくろ先生

(つづき)

ぼーっと物思いにふけっていると、いろんな思いがめぐります。

風に揺れる木々を眺めていると、ふと、

今から100年後の世界ってどうなっているんだろ、、、とか。

100年後、200年後、もっと先の世界って、一体どんな感じ?

自分でもよく分かりませんが、そんなことふと考えたりします。


そんな時、昔、笛の先生から何度も言われた「100m先の響き」のこと、

ふっと自然に思い出されて、とても腑に落ちるようになりました。


____________

10代後半から20代の始めにかけて、音楽、笛の勉強をしていた時期があったのですが、

当時お世話になっていたフルートの先生から、本当に、何度も何度も言われたのが

「自分の出している音の響きを100m先で聴きなさい。」

ということ。


自分が今出している音を50m、100m先で聴いた時、
どんな風に響いているのか、想像の中で聞く耳を持ちなさい、と。


当時は「わかんない、どういうこと~?」
と、先生から次々に与えられる高度な教えに、当時高校生の私は
もういっぱいいっぱい。


でも、今になって、
今、私がやっていること、50年、100年先にどんな風に影響していく?
と考えた時、

この「100m先の響き」のこと、
なんだか自然と、私のからだの中に深く浸みわたってきました。


バーバー吹くな、とはよく言われましたが、
いわゆる「大きな」音は、そばで聞けば大きいけれど、
遠くまでまるで響いていかない。

(ここでいう大きな音、というのは単に音量のことではなくて、
「私が、私が、」というような我の強い音、という意味でもあったように思います。)


ついつい目先のことで頭がいっぱいになってしまうこともあるけれど、

少し手を休めて、視点をちょっと遠くに移して。

今の私がやっていること、毎日の過ごし方、進んでいく方向・・・


50年先、100年先まで、美しくのびやかに響いていくためにはどうしたらよいかな、

と考えることは、自分自身が豊かな日々を過ごしていくための大切なヒントをもらう
きっかけでもあると思っています。

(笛、フルートに関しては、響きのためにとにかく呼吸と腹、丹田とからだの使い方を
ひたすら叩き込まれていた・・・なつかしい)


そして私が感じるのは、毎日季節や自然を感じる過ごし方は、

遠くまで響きを残す過ごし方の一つなんじゃないかな、ということ。


今日、風はどんな歌をうたっていて、木々はどんな色をしていて

雲はどんな形で、花々の香りは、土の感触は、星々の音楽は、

どんな感じだった?


自然にかこまれた生活をしていても、

何やら忙しがって、そういった毎日一つとして同じでない季節や自然の変化を
ほとんど感じずに終わる日も少なくなかったり。

でも、そうやってあくせくやったこと、もしかしたら、
中には遠く広く響くほどに大切じゃないこともあったりして。


色々なことを少しだけ、スローダウンさせて

自然の繊細な変化や動きを自分の目で見て感じること、楽しむこと、

自然奏でる音楽や流れに自分を乗せていくこと、

そうすることが、ひょっとしたら一番大切なことで、

そうすることで、何かが、ずっと先の未来にまで美しく響き渡っていくんじゃないかな。


そんなこと、ぼーっとしながら考えたりしました。







(スマホ持ってない♡)


Lovely Tea! Ayaka♡Thank you!!

お世話になった笛の先生、まる先生には音楽に限らず、

哲学や歴史に関することなど、本当にいろいろ教えてもらいました。


「君はね、まだまだ赤ちゃんみたいなもんだからね・・・」

なんて言われて、子供扱いどころか赤ちゃん扱いされて
当時の私は少しむっとしていましたが、

今考えると、確かに先生、正しかった・・・


「・・・でもまぁ、頭は悪くないみたいだ、」

となぐさめて(?)もらっていたけれど、

あの頃から10年、少しは大人になれたかなぁ。


いつかまた、あの美しい音楽の世界とまた出会って、
自分も豊かな響きを奏でられたらなぁ、

なんて夢見ています。










  1. 2017/10/02(月) 21:41:58|
  2. その他
  3. | コメント:0