FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

カニご来店

カニすけ

ここ数日間は、久々の雨。

カラカラになりかけていた畑や菜園をたっぷりと潤してくれました。


この時期の、植物や野菜の成長速度の速さに驚かされています。

エンドウ豆を全部摘んだのに、数日後行ってみるとまた鈴なりになっていたり、

小松菜が一晩で2倍くらいの大きさになっていたり。

何も変化のない時期が長く続いたかと思えば、
突然ぐんぐんぐん!と伸びて行ったりするので、

成長速度って一定じゃないんだなぁ・・・と感慨深く思っています。

(それにしても、この植物の成長パワーってどこから来るんだろう?)



そして今日はカニが遊びに来ました。
(みんなが帰ったあと、門のところに出現)

カニ~こんにちは~とあいさつして、
カメラでパシャパシャし始めたら

横歩きでサササーと草陰に隠れて行きました。







スポンサーサイト
  1. 2017/05/15(月) 23:24:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

5月8日-5月12日 ランチメニュー -山古志村-

ガーデン

5月8日-5月12日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 ハーブチキングリルと彩り野菜
魚料理 めかじきとポテトのクリームソース煮

・スープ・
雪の下人参のポタージュ

・サイド・
切り干し大根のからしごま酢あえ
グリーンサラダ  etc...

・デザート・
たっぷりたまごのプレーンシフォン


___________

中庭のハーブ・サラダガーデンが充実してきました。

ミミ爪とぎ中。

猫が大好き、というハーブ「キャットニップ」を植えてみたところ、
さっそくミーちゃん仰向けになってごろニャンごろニャン。
一生懸命背中にこすりつけていました。

毎年5月の連休が明けると植物がぐんぐん成長、
一気に「みどり」が溢れてきます。

ハーブもたくさん採れる時期なので、フレッシュハーブティーを飲んだり
お菓子にしてみたり、ドレッシングに入れてみたり。

植物を育てると、楽しみがたくさん。


山古志村

5月のお休みに、新潟県の山古志村へ行ってきました。

中越地震で被災した地域ですが、
大変美しい田園風景が広がっていました。

里山の風景って、日本人の心のふるさとだからなのか、
単に自分が田舎に愛着があるからなのかよく分かりませんが、
昔からすごく好きです。ちょっとノスタルジーな感じ。

新潟三山が見えるというこのスポットはなかなかの絶景でした。

















  1. 2017/05/15(月) 22:45:04|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

くるみのタルトカップ

くるみのタルトカップ

先月4月の下旬に店頭で販売したお菓子、
「くるみのタルトカップ」です。

クリームチーズとバターの塩味生地を伸ばしてグラスの底で抜き、
マフィン型やプリン型に敷きこんで焼き、タルトカップを作ります。

そこへくるみとブラウンシュガー、ココナッツシュガー、卵、バター、ラム酒を
合わせたフィリングを流し込んで焼き上げた、一口サイズの焼き菓子。

仕上げはアーモンドスライスとアイシングで飾りました。

タルトはサクサクと軽い口当たりですが、
中のくるみフィリングはココナッツシュガーとブラウンシュガーで
しっかりとした甘味とコクがあります。

一仕事終えて、ほっと一息つきたい時、
丁寧に入れた美味しいコーヒーと一緒に食べてほしいお菓子です。



クッキーレシピブック

今回のくるみのタルトカップは、「クッキーの本」で紹介されている
「ウォルナッツカップ」のレシピを参考に作りました。

小さなころから、お菓子のレシピ本を眺めるのが好きでしたが、

中でも初めて自分のおこづかいで買った、オレンジページのレシピブックシリーズ、
「チョコレートの本」と「クッキーの本」は今でもお気に入り。

細部まで丁寧に作られたこのレシピブックは
20年近く経った今でも、色あせることなく、ページをめくる度に夢を見させてくれます。

それぞれのお菓子のイメージに合わせた食器や小物の選び方、スタイリングの仕方が
とてもハイセンスで!

お菓子と、その背景にある「豊かな暮らしの営み」のようなものを感じさせてくれ、
毎日の生活そのものが楽しい、と思えるような本。

ラッピングのアイディアやお菓子にまつわるコラムなど、
小さいけれど隅々まで楽しい、宝物のような一冊です。


  1. 2017/05/06(土) 15:15:51|
  2. お菓子
  3. | コメント:0

4月23日-4月28日 ランチメニュー -和×エスニック-

豚肉ロール チリソース

4月23日-4月28日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 豚ロース肉の長芋大葉ロール スイート・チリマヨソース
魚料理 かぶとなすとめかじきの和風だしあんかけ

・スープ・
春キャベツと新玉ねぎのポタージュ

・サイド・
カリフラワーのマリネ
大葉入り手延べ素麺のだしジュレ ふきのとうのフリットをのせて
ほっこりかぼちゃとくるみのマヨソース

・デザート・
アーモンドとキャラメルのリッチケーキ



________


今回のメインの肉料理は和テイストの入ったエスニック風メニュー。

長芋と大葉を豚ロース肉で巻き、軽く揚げてスイートチリマヨソースをかけます。

チリマヨに大葉って合うのかな?と最初は思いましたが、
食べてみると、予想外に高相性!

上に乗せているのは、一見パクチーに見えますが、三つ葉です。

エスニック料理にも和の要素を取り入れると、
日本人にとっては食べやすく、どこかホッとする味に仕上がる気がします。





  1. 2017/05/03(水) 22:47:06|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

4月17日-4月21日 ランチメニュー -山うど-

うどの肉巻き

4月17日-4月21日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 バジル香る タンドリーチキン
魚料理 サーモンのアボカドタルタルオーブン焼き

・スープ・
春キャベツと白花豆のスープ

・サイド・
紫芋の一口スープ
山うどのフリット
彩りサラダ

・デザート・
タルトフロマージュ


_____


アボカドが久々の登場だったせいか、
この一週間は魚料理が人気でした。

アボカド、すっかり一般的な食材になった気がします。
お肌にもいいみたい。


春野菜もまだまだ美味しい時期で、サイドメニューには山うどをフリットに。

おべんとうでは、春野菜を巻いた豚ロース肉巻きが一番人気でした。

うどは灰汁もそれほど強くないので(軽く水にさらすだけでOKみたいです)、
春野菜の中では使いやすい方だと思います。

私もきんぴらにしたり、切り干し大根の煮物に入れたり、
わかめと合わせてからし酢味噌を和えたりと、今年はうどのおかず、結構作ったな。

スジをとる手間はかかるけれど、
ふきと油揚げの煮物も大好きです!

うどやふき、せりやこごみ、うるいや葉ワサビ、たけのこなど、
中には手間のかかるものもありますが、
旬の春野菜は本当、美味しいです。

今年は食べるだけでしたが、来年は自分でも育ててみたいな。

(近所をさんぽしていると、畑や道端な至るところに
ふきが生えているのを見かけるのですが、うちの畑には
なくてちょっとさみしい・・・)

山菜取りも面白そう。
山菜博士がいたら、ぜひ友達になってほしいです。



  1. 2017/05/03(水) 21:38:32|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0