FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

10月24日-10月28日 ランチメニュー -厨房小屋時代-

パンプキンパイ

10月24日-10月28日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 チキンとズッキーニのトマトソース煮
魚料理 はまちと里芋のクリームソース

・スープ・
紫芋のポタージュ

・サイド・
紫大根と人参のピーナッツごまソース
オーガニックパスタ キドニービーンズとケールのジェノベ
りんごとクリームチーズのバケット 自家製紅玉ソース

・デザート・
パンプキンパイ


<メモ>
ハロウィンの季節なので、今週のランチのデザートはパンプキンパイに。

畑で育てていた「シンデレラパンプキン」は・・・

うーん、やっぱり観賞用?どうも、食べられる感じではなさそうでした。
(あーん、残念。見た目はかわいいんだけどなぁ)

写真のパイは「しろみくりカボチャ」という、皮の白いかぼちゃを使って作りました。

皮がものすごく硬く、切るのに一苦労でしたが、実がとてもほくほくしていて、
色も明るいオレンジ色、パイにはぴったりのかぼちゃでした。





_________

厨房時代、なつかしい
昔のおべんとうメニューの写真が出てきました。

1999年、「厨房小屋 木」として両親が仕事を始めたころ、

今のお店が建つ前、最初の2~3年は父が建てた
三角屋根の小さな木の建物、「厨房小屋」でおべんとうを作っていました。

そのころは配達が中心で、メニューは基本的に日替わりの一種類でした。


懐かしい~こうして写真を見てみると、ずいぶんと時の流れを感じます。

今はだいぶデリっぽい、にぎやかな雰囲気のおべんとうになったけど、
このころはお弁当箱も黒だったせいもあるのか、
落ち着いた大人のおべんとう、という印象。
(昭和の料理本ってこんな感じだったな・・・)

でもメニュー一つ一つを見ていくと、
やっぱり今も昔も母の料理、母らしさは変わらないな、と思いました。

お正月の時期には祖母の手作りの「鮭の昆布巻き」が付いたりと、
長岡の祖母も本当に、色々と力になってくれたようです。


は・・・!2月14日のバレンタインデーにはチョコレートバーが付いていたらしい。

そういえば、当時小学生だった私も、妹とおばあちゃんと一緒に
このバレンタインデーの時期は毎年家族総出で大量の、チョコレートの袋詰めをした思い出が。

袋にチョコを詰める係り、シールを貼る係り、袋のテープを閉じる係りに分かれてせっせと作業し、
しごとが終わったらチョコレートの切れ端をみんなで楽しく食べる、というような。

加えてクリスマスの時期には、これまた総出で大量のチョコレートケーキの袋詰めをしていました。


お店を始めて、子供の目から見ても毎日とっても忙しそうだな、と感じていましたが

「でも、親の働く姿を間近で見られて、よかったよね」

なんて妹と話していたのを覚えています。


きっと、お店をやっていく上で色々と大変なことは想像以上に沢山あったのだと思うけど、

多くの人に支えられ、家族の時間と共にあったお店づくりの日々は

振り返ってみると一つ一つがなんだか愛おしい。


これからもまた、どんなに形が変わっても

ひとつひとつ大切に時を積み重ねながら

お店と一緒に、家族との時間が育っていけたらな、と思っています。














スポンサーサイト
  1. 2016/10/31(月) 01:05:26|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

10月17日-10月21日 ランチメニュー -秋まき種まき-

木の畑&ガーデン

10月17日-10月21日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 豚ロース肉を巻いたチーズ入りマッシュ里芋フライ
魚料理 ガーリック&タイムでマリネした 真だらのグリル

・スープ・
根菜スープ

・サイド・
お豆と紫キャベツのごまだれサラダ
焼きズッキーニとペンネのトマトソース
カリフラワーのカレーマリネ

・デザート・
ほうじ茶プリン
ごまとアーモンドのチュイール


___________

木の畑、ガーデンの地図。

今年の秋まきは、たくさんの種類のたねを蒔いたので
忘れないようにと地図にしています。

今年はお花のたねもたくさん!

ポピー、ニゲラ、クリムソンクローバー、スイートピー、
ゴデチャ、ルピナス、ホリホックなどなど・・・来年の春が楽しみです。


グリーンレタス

育ってきたグリーンレタス。

ルピナス

ルピナスのたねも発芽しました。

(種の「抜け殻」が先についているところがかわいい)


どんな人にも、心がウキ!とする瞬間がそれぞれにあるものだと思いますが、

私の場合は、お菓子の焼きあがるオーブンの扉を開ける瞬間と、

自分の蒔いた種の発芽を見る時がまさにそれ。

映画「となりのトトロ」の中で、
さつきとメイがトトロのお土産の木の実を蒔いて、ようやく芽を出した時、
2人は飛び跳ねて、走り回って喜んでいますが・・・あの気持ち、よくわかる!!

(誰も見てなかったら踊り出しているかも)


ふじ

畑を見守るふじ(オス)。


だんだんと日が沈むのが早くなり、朝晩寒くなってきましたが
外しごとはやはりいいリレッシュになります。


  1. 2016/10/25(火) 21:58:59|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

炊き込みチキンピラフのレシピ

先週のおべんとう、一番人気は

STAUB
STAUB(ストウブ)のお鍋を使って炊いた・・・




ピラフ!
チキンの炊き込みピラフ!


Deli チキンピラフ
3種類のおかずとセットのDeli box として販売しました。


人気メニューだったので
作り方を紹介したいと思います。


<炊き込みチキンピラフの作り方>

  -材料- (5~6人分)

・米 2カップ

・鶏肉(ももorムネ、お好みで) 200g

・パプリカ 100g

・にんじん 50g
・たまねぎ 200g
・セロリ   50g

・にんにく 1かけ

・オリーブオイル 適量

・カレー粉、パプリカパウダー 各大さじ1

・スープ
  (水2カップ、塩大1/2、コンソメ1個)


(下準備)
・米は洗ってザルに上げておく。(浸さなくてよい)

・スープの材料を鍋に入れ、熱くしておく。(沸騰直前くらい)

・にんにく・玉ねぎはみじん切り、野菜はそれぞれ1~2㎝の角切りにしておく。

・肉は一口大に切り、塩・胡椒(分量外)をし、オリーブオイルをひいたフライパンで焼いておく。


  -作り方-

1.厚手の鍋を中火で熱してオリーブオイルをひき、にんにくを炒める。

2.にんにくのよい香りがしてきたら、玉ねぎ、にんじん、セロリの順に入れ、
  その都度炒める。

3.野菜全体がしんなりとしてきたら米、カレー粉、パプリカパウダーを加えてよく炒める。

4.お米が透き通ってきたら、熱くしておいたスープを注ぎ(ジュワ!と音がします)、
  パプリカと鶏肉をならべて蓋をする。

5.火を弱火にして10分、その後火を止めて10分蒸らす。

6.蓋を開け、全体をほぐすようにまぜて、できあがり!


<+αのひと手間>
鶏肉の下味は、塩と胡椒だけでももちろんいいのですが、

タンドリーチキン風に作るのもおすすめ!(Deli Boxもこれでお出ししました)

作り方は一口大に切った鶏肉を
ヨーグルト、パプリカパウダー、ハーブソルト、塩、胡椒、にんにくスライス
でよく揉み込み、数時間~一晩おいたものをオリーブオイルでソテーし、後は同じように作ります。

ヨーグルト効果でお肉やわらか。
パプリカパウダーを使うことで、鶏肉においしそうな色がつきます。


<炊飯器バージョン>
より手軽に、炊飯器で作ることもできます。

1~3までをフライパンで作り、材料を炊飯釜にうつし、スープを注ぎ、
鶏肉とパプリカを上にならべて炊飯スイッチを押せばOK。


_____

ちょっとしたお祝い事や、パーティーなどにも活躍。

アウトドアの料理としても使えそうです。

お鍋のまま食卓に出すと楽しい雰囲気に!




  1. 2016/10/18(火) 20:07:52|
  2. レシピ
  3. | コメント:0

11月の営業・休業のおしらせ  -ちゅんちゅん-

chunchun

-11月の営業・休業日のおしらせ-

<臨時休業日>
11月4日(金曜)

<臨時営業日>
11月23日(水曜・祝日)


23日はおべんとう、ランチ共に営業予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。



_______

飼い猫の「ちゅんちゅん」。

ちゅんちゅんは「ミミ」(今ではすっかり半ノラ化)が生んだ子猫のうちの一匹。

内気でびびり屋、人前にもあまり出ず、こもりがちな子でした。

長年一人っ子状態でしたが、
2年ほど前に「やひこ」と「ろく」の2匹が来てからは、
10歳にして彼女、変わり始めています。

今までゆっくりマイペースだったのが、他の子と競うようにごはんを食べ、
おもちゃのネズミにもじゃれるようになり、リビングにもよく来るようになりました。

若くて活発、「ポジ」な2匹から、
コミュニケーションの仕方や自分の出し方を学んだようで、

「ちゅんちゅん前より何だか若返ったね~」なんて言われています。

他の2匹とはまだまだ仲よし、と言えるほど馴染んではいないのですが、

同じ屋根の下に仲間が出来たことでだいぶ影響を受けたみたい。

いくつになっても変わるものなんだなぁ。


猫も人間と同じでそれぞれに性格があって、ほんとに面白いです。



  1. 2016/10/16(日) 22:32:05|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

10月11日-10月14日 ランチメニュー -にぎやか秋メニュー-

モンブラン風タルト

10月11日-10月14日 ランチメニュー

・メイン・

肉料理 タンドリーチキン
タンドリーチキン
スパイスとヨーグルトで一晩漬け込むことと・・・

shitasyori
お肉の下処理、
筋や余分な脂肪を包丁で丁寧に取り除くことが
やわらかく仕上げるコツです。


魚料理 鱈とじゃがいものアクアパッツァ風
アクアパッツァ風
「アクアパッツァ」は地中海の魚と白ワインの蒸し料理。

金曜日のみ、鱈ではなく「石持」という魚を使いました。

鯛の「あら」でしっかりとスープをとったので、うま味は抜群!


・オードブル・
冷製かぼちゃのポタージュ
カリフラワーとお豆のフリット
紫キャベツとえび、季節のミカンのマリネ


・サラダ・プレート・
季節野菜のサラダ
豆腐とひじき、古代米のごまだれ
マカロニグラタン なめらかホワイトソース
サラダ・プレート
サラダは紫だいこん、白菜、柿。

お豆腐のごまだれは、ここ最近の定番メニュー。

木綿豆腐に茹でた古代米、水で戻したひじき、刻んだセロリをざっと合わせ、
ねりごま、みりん、白だしなどを合わせたごまだれをかけます。

+αのひと手間・・・
ひじきは水で戻した後、ごま油で炒め、醤油・みりんなどで下味をつけておくと
味がしっかりするそうです。

また、ごまだれをかける前に、みりんと白だしを煮詰めて冷ましておいたものを
全体に少々振りかけることで、素材とごまだれがよく馴染み、
全体的に味が調和し、よりまとまり感のある味に仕上がります。


・デザート・
紫芋のタルト モンブラン風
紫芋のタルト
全粒粉や米粉、きな粉入りのざっくりタルト生地に
蒸かした紫芋をペースト状にし、卵、バター、きび糖、ラム酒、牛乳を合わせ
焼き上げました。
(短い焼き時間でしっとり仕上げた方がいいみたい)

これに紫芋クリームをモンブラン用の口金で絞り出し、
紫いものチップスで飾ってお出ししました。


<メモ>
今週はいつも以上に品数が多く、
にぎやかなランチメニューとなりました。

以前に比べて畑仕事の量がずいぶん減った祖母ですが、
紫芋や里芋は今年もまたたくさん育ててくれたので、とても助かりました。


秋は美味しいものが本当に多くて、、、プク子になりそう。



  1. 2016/10/16(日) 15:42:52|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

10月3日-10月7日 ランチメニュー -カメラウキウキ-

hyakunichisou

10月3日-10月7日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 豚ロース肉の京芋ロール きのこだし
魚料理 かんぱちと秋野菜の白みそグラタン

・スープ・
じゃが芋とトラ豆の野菜スープ

・サイド・
グリーンピースの冷製ポタージュ
紫キャベツと切干大根のマリネ
りんごのサラダ マヨソース

・デザート・
梨(豊水)のコンポート&ジュレの
レアチーズデザート


<メモ>
・魚の白みそグラタン、女性にとても人気でした。
蓮根、カボチャ、さつまいもなどの秋野菜と一緒に。

余分に残ったものを、牛乳でのばしてシチューをつくりましたが、
これまた美味でした。

・「トラ豆」は、ベージュと小豆色のトラ柄のかわいいお豆。
いんげんの仲間だそうで、熱を加えるとほくほくに。

お豆にもいろいろ種類があって、黒と白の「パンダ豆」
なんていうお豆もあります。

・栄養満点の切干大根。
煮物だけでなく、サラダやマリネにしても美味しくいただくことが出来ます。


___________

new! kamera

つ、ついに MyカメラをGet!

♪わーい♪
Blog更新増えるかな・・・?

(このシャッター音、たまらない)




  1. 2016/10/16(日) 15:03:19|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

9月のランチメニュー

栗の木

-9月のランチメニュー-

<9月12日-9月16日>
・メイン・
肉料理 野菜と豚ロースしゃぶしゃぶ肉の揚げ出し
魚料理 キングサーモンときのこのソテー

・オードブル・
マイクロトマトとサーモンのマリネ
ひよこ豆のスパイシー炒め
マッシュポテトとおいもチップスのレイヤーサラダ

・スープ・
野菜のトマトスープ

・デザート・
安納芋のニューヨーク・チーズケーキ


<9月20日-9月23日>
・メイン・
肉料理 ハンバーグ きのこ赤ワインソース
魚料理 旬の秋鮭のフリット バルサミコ黒酢ソース

・サイド・
魚とオニオンのエスカベッシュ
国産大豆豆腐と赤米、ひじきのサラダ 白ごまソース
ラタトゥイユ

・スープ・
しろみくりカボチャのポタージュ

・デザート・
栗のバターケーキ ブランデー風味


<9月26日-9月30日>
・メイン・
肉料理 チキンのトマトソース煮
魚料理 えびポテトコロッケ クリームソース

・サイド・
サーモンとオニオンのマリネ
二色のお芋とりんごのマヨソース
豆腐と赤米、ひじきの白ごまソース

・本日のごはん・
黒千石(黒まめ)のごはん

・デザート・
米粉入り お豆のロールケーキ



____

今月のメニューはまとめて、久々の更新です。


気づけば10月、すっかり秋。

9月は私たち3人のスタッフ、雨続きの天気の影響もあってか
次々と体調を崩してしまいましたが、ようやく落ち着き、
新しい気持ちで10月を迎えられそうです。


ランチメニューも既に秋鮭、里芋、さつまいも、モロヘイヤ、
お豆にかぼちゃ、きのこ・・・とすっかり秋色。


デザートも栗のケーキがデビュー。
今年初めて「栗の渋皮煮」にチャレンジしました。

栗の鬼皮をむき、2~3回あく抜きをし、やわらかく煮てお砂糖で味付け、
と作り方自体はシンプルなのですが、これがなかなか難しい。

渋皮を傷つけずにむいたり、お砂糖を入れるタイミングの見極めたり・・・

3回目のチャレンジでようやく、まぁこれなら!と思える仕上がりになりました。

ほのかにブランデーの香り、艶やかな渋皮煮はそれ一つで立派なスイーツです。

(「栗の甘露煮」にも挑戦しようと試みましたが、
渋皮をむくのにおそろしく時間がかかり・・・3個めくらいで挫折。ああ。
市販の甘露煮の値段の理由がよく分りました)


秋は食べ物も美味しいし、読書も種まきも、勉強も洋服も、楽しいことがたくさん!

仕事中心の日々を送っているとついつい、
力が入ったり、前のめりになったりしてしまうのですが、

軽やかに楽しむこと、心をゆるめること、純粋に秋の美しさをからだで感じること・・・

日々少しづつ取り入れていきたいな、と思う今日このごろです。



  1. 2016/10/02(日) 21:55:08|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0