-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

お盆休み休業のおしらせ

畑のひまわり

<お盆休み休業のおしらせ>

8月11日(木)~8月16日(火)は休業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト
  1. 2016/07/27(水) 23:30:13|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

7月19日-7月22日 ランチメニュー -乾物大好き-

乾物コレクション

7月19日-7月22日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 トマト&チーズのやわらかチキンフライ
魚料理 サーモンとポテトのローズマリーソテー

・オードブル・
かぼちゃの冷製スープ
パッケリのペペロンチーノ
ひよこ豆と紫キャベツのマリネ

・サラダ・
野菜の揚げ漬けサラダ

・デザート・
バナナと黒糖のセミ・フレッド

___________

先週のWA-BOXも昆布といりこの醤油ごはんでしたが、

今個人的にも「乾物」が大ブームです。

お味噌汁やご飯に炊きこんだり、煮物に入れたり。

自然の風味やうま味がぎゅっと凝縮された乾物、
その美味しさと素晴らしさに思わずため息が出そう・・・。

写真の「打ち豆」は新潟が特産のもので、
その名の通り、大豆を打って平たくしたもの。
火の通りが良いので、水で戻さずそのまま使えて便利。

「車麩」も新潟が特産だそう。

(写真時計回りに:いりこ、車麩、わりぼし大根、
黒豆、打ち豆、せんぎり(切干)大根、干し椎茸、昆布)


ご飯でも煮物でも、乾物が一つでも入ると味に奥深さが加わります。
(和のおかずだけでなく、洋のおかずにも合います)

切干大根も気に入っている乾物の一つ。

お味噌汁やごはんを炊く時に、キッチンばさみで食べやすい長さに切り、
水で戻さずにそのまま入れるだけ。
香ばしく、うま味のある味になります。


乾物素敵。

こういった古くから伝わる日本的なものが
今返ってすごく新しい感じ・・・ワクワクします。

それにしても・・・

小さな頃からあまりにも和的なもの、
日本の食を含めた文化や生活の知恵などに強く心惹かれるので、

もしかして自分は前の人生で日本が好きで好きで仕方のない、

日本に対して強い憧れをもっていたどこか別の国の人だったのでは?

と思ってしまうほど。


・・・というのは半分妄想かもしれませんが、

でももしもそうだとしたら!

念願の日本人女性、
心ゆくまで味わって堪能したいと思います。














  1. 2016/07/26(火) 23:27:08|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

7月13日 ランチメニュー -しろちゃん-

shiro

7月13日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 タンドリーチキンと夏野菜のグリル
魚料理 カレイの柚子胡椒マヨ焼き

・オードブル・
お豆のタラモサラダ
キャロット・ラペ スモーク鴨を添えて
自家製ジェノベーゼのフェットチーネ

・スープ・
ノーザン・ルビー冷製スープ

・野菜サラダ・

・デザート・
チョコレートとくるみのシフォンケーキ


_______________

母の実家、長岡の家で飼われている猫のしろちゃんです。
(この他に「くろちゃん」も2匹います)

しっとりとした新潟美人のしろちゃん。

しろちゃんは私の中の新潟美人女性のイメージそのもの。


新潟は雪国だからなのか、空気がとてもしっとりとしていて、
お肌が潤うのを感じます。

土地やそこに住む人々も、全体的にひかえめで奥ゆかしい印象。

長岡から群馬に戻ってくると、がらりと雰囲気が変わり、
パキ!とした空気感に「群馬って、なんか元気だな」と毎回感じます。イケイケな感じ。


旅もそうですが、たまに住み慣れた自分の土地を離れてみると、
それぞれの土地ならでは、の空気感が感じられて面白いです。

外に出ることで、自分たちの土地に対して新しい発見があったりも。

植物や作物と同じように、
私たちも、その土地の空気や水、気候や風土といったものに
日々育てられているのだな、と感じています。










  1. 2016/07/26(火) 22:35:26|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

7月4日-7月8日 ランチメニュー -畑のトマト-

畑のトマト

7月4日-7月8日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のピリ辛クリーミーごまソース
魚料理 夏野菜とトロカツオのガーリックソテー

・オードブル・
かぼちゃの冷製ポタージュ
サーモンの白ワイン蒸し
バケットのえびポテトチーズ焼き

・野菜サラダ・

・ごはん・
黒豆とキヌアのごはん

・デザート・
プラムのグラスデザート -チーズムース&ジュレ-


____________

今年は父が沢山のプチトマトの苗を畑に植えたので、
おべんとうに、ランチにと大活躍しました。






  1. 2016/07/26(火) 22:26:49|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

7月12日(火) ランチ臨時休業のおしらせ

kayui gure

-おしらせ-

7月12日(火)のランチは
都合により臨時休業いたします。


おべんとうは通常営業予定です。


どうぞよろしくお願いいたします。



  1. 2016/07/04(月) 20:46:05|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

6月27日-7月1日 ランチメニュー -WA-BOX-

Wa-Box


6月27日-7月1日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 豚ロース肉のクリーミーマスタードソース
魚料理 まぐろのミディアムソテー 薬味醤油 
      (水曜~はめかじき)

・オードブル・
夏野菜のジュレ
おかひじきと紫玉ねぎのサラダ
ひよこ豆のカレーコロッケ クミンの香り

・スープ・
焼き野菜のトマトスープ

・サラダ・
夏野菜のサラダ

・デザート・
さくらんぼとクリームチーズのパイ


<メモ>
メイン料理は肉、魚共に
蒸し暑いこの時期でも食べやすいメニューでした。

肉料理はソテーした豚ロース肉と玉ねぎに
粒マスタードを加えたクリーミーソースをかけて。

クリーム系のソースですがマスタードの酸味が効いていて、
ごはんが進むさっぱりとした味付け。

魚料理はまぐろの表面をさっと焼いてスライス、
ネギ、生姜、大葉などをたっぷり入れた、醤油味のたれをかけて。
(こちらのたれにも粒マスタードを少し入れ、酸味をプラスしました。)


デザートは旬のさくらんぼを使ったパイ。

パイを出すのは久々です。
今回のパイ生地は米粉入り。

米粉を入れると小麦粉だけよりもサクサク感が増すことを発見。

また米粉は小麦粉よりも消化が良く、日本人の腸に合っていると言われていて、

食後に食べてもお腹が重たくならないデザートやお菓子が作りたいな、と思っていたので
最近は積極的に取り入れています。

(スコーンにも米粉をブレンドするようになりました。)

___


今週のおべんとうはDELI BOXに加え、
和のおかずを詰め合わせた「WA(和)-BOX」が新しく店頭に並びました。

ひじき入りのふんわり豆腐ハンバーグ、めかじきのから揚げ、
おかひじきのサラダ(桜えびのせ)、野菜の煮しめ、漬物に
舞茸の炊きごみごはん(おこげがところどころに入っている)。

和のおかずが大好きな私としては、
自分がもしお客さんとして買いに来る立場だったら絶対にコレ!
なツボメニューだったのですが・・・・

ああ黒・・・!
黒いお弁当箱で出したかった。

和食は洋食と違い、見た目が少し地味なので白よりも黒のほうが上品で映えるよね、
と母はよく話していて(料理も和食は食器で魅せるようなところがあって、そこがまた面白い)、

黒のお弁当箱×白の掛け紙で
和モダンなおべんとうをイメージしていたのですが、

今週は買い置きがなかったため、白のお弁当箱でお出しすることに。
(でも実際に詰めてみると、白は白で可愛らしく仕上がったように思います)


WA-BOXは今後も、内容を変えながらまた出すようです。

装い新たに再び店頭に並ぶ予定なので、
和メニューが好きな方にはこれからぜひ、おすすめのシリーズとなりそうです。




  1. 2016/07/03(日) 15:58:54|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

6月20日-6月24日 ランチメニュー -豊作プラム-

プラム

6月20日-6月24日 ランチメニュー

・メイン・
肉料理 カラフルピーマンの豚ロース肉巻きフライ
魚料理 めかじきと夏野菜のガーリックグリル

・オードブル・
サーモンとセロリのマリネ
揚げなすの西京みそマヨ焼き
自家製ジェノベーゼソースのパスタ

・スープ・
ノーザン・ルビーのパープルスープ

・デザート・
ココナッツプリンとココナッツビスコッティ



<メモ>
「ノーザン・ルビー」は紫色をしたじゃが芋。

北海道の方の品種みたいです。

一見するとさつまいも?のような見た目ですが
味はしっかりじゃが芋。

ポタージュにすると
とてもきれいな赤みがかった薄紫色に仕上がりました。

祖母が畑で育てた珍しい野菜の一つです。



__________

今年はプラムが豊作の年となりました。

どの枝もたわわに、びっしりと実がついていて
なんだかすごい光景・・・

去年はたしか不作だったのですが、
今年は採りきれないほどたくさんの実を鈴なりにつけています。

果樹は豊作と不作を繰り返す、とか、

木としての命を終える時、
次の世代に種を残すために大豊作になる・・・といった話を聞くと

豊作や不作にもそれぞれにきちんと意味があるんだろうなぁ、と思います。

(そういえば知り合いの方から、
新しく家を建てるためにそれまであった柿の木を切ろう、と決めた年
その柿の木がこれまでにないくらいたくさんの実をつけた、という話を聞いたことがあります。)


プラムの木に「まだまだ現役でいてね」、とお願いしつつ
プラム酒やプラムのフルーツシロップ、ジャムなどの保存食を作りました。

まだまだあるので、プラムを使ったデザートもランチで出したいと思っています。
(チーズムースがいいかな~)






  1. 2016/07/03(日) 12:50:37|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0

6月13日-6月17日 ランチメニュー -新生姜ごはん-

新生姜ごはんのおにぎり

6月13日-6月17日 ランチメニュー 

・メイン・
肉料理 揚げ鶏の大葉ねぎだれ
魚料理 めかじきと舞茸の西京みそチーズ焼き

・ごはん・
新生姜と油揚げの炊き込みごはん

・オードブル・
新生姜のフライ
きゅうりとりんごとカマンベールチーズのヨーグルトソース
野菜の洋風ピクルス

・スープ・
ビシソワーズ

・デザート・
黒ごまのさっぱりジェラート
 &黒糖バナナの濃厚ジェラート

_________

今が旬の新生姜。

今回のランチのごはんは、「新生姜と油揚げの炊き込みごはん」でした。

DELI BOXでもお出ししたのですが、大変ご好評頂き、
作り方をお聞きになるお客様も多かったのでここでも紹介したいと思います。


-新生姜と油揚げの炊き込みご飯の作り方-

新生姜と油揚げをそれぞれ千切りにし、
だし醤油・みりんであえて味をつけておく。

洗って浸しておいたお米を一度ザルに上げた後、
分量の水を加える。

そこから具の下味で使った調味料の分だけの水を取り、
海塩少々を加えて、一度手で全体を大きく混ぜる。

下味をつけておいた新生姜と油揚げを調味料ごとその上に乗せ、
炊飯器で普通に炊いて出来上がり。



<メモ>
醤油は、だし醤油がなければ普通のお醤油でOK。

出汁いらず、具材を刻むだけなのでとても手軽!

お米を炊く水を出汁に変えてももちろん美味しいのですが、

刻んだ油揚げと新生姜からとてもいい出汁と香りが出るので、
これだけで十分美味しくできます。


(我が家の食卓にはおにぎりとなって登場。
こちらも旬、畑で育てた青じそを巻いていただきました。)

  1. 2016/07/03(日) 12:43:19|
  2. ランチメニュー
  3. | コメント:0