FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

黒豆ビスコッティ と節分

黒豆ビスコッティ

節分にちなんだお菓子、「黒豆のビスコッティ」です。

イタリアの素朴なお菓子「ビスコッティ」はアーモンドで作るのが一般的ですが、
節分が近いということで、アーモンドの代わりに香ばしく炒った黒大豆を
入れてアレンジしました。

生地には米粉とアーモンドパウダーがたっぷり入っているので、
ザクザク、ほろほろの食感です。
(来週2月2日(月)から店頭にて販売予定)

_______________________________

来月2月3日は節分ですが、
ここ北橘、その中でもお店のあるこの地域の何件かの家は、
2月3日ではなく毎年12月31日に豆まきをします。

その昔、旧暦の頃は一年の始まりは春(=立春)と考えられていたため、
立春の前日は現在の大晦日にあたる重要な日でした。

大事な季節の分かれ目(=節分)であるこの日に、よい一年になることを願って、
鬼をはらい、副を呼び込むために豆をまいたのだそう。

そのため、1月1日を一年の始めとする現在の暦の中にあっては、
一部の地域は立春の前日2月3日ではなく、12月31日の大晦日に豆まきをするようです。


我が家では、毎年大晦日に祖母が大豆を炒り、大きな枡に入れてまず神棚にお供え。
夜、おせち料理とお蕎麦を食べる前に、家族でお豆を持って裏庭の稲荷様にお参りし、
自宅、お店と順番に豆をまいていきます。
(「おいしいねー」と豆をポリポリ食べながらまいています。
あまり正式なまき方とはいえないかも・・・でもついつい)

小さな頃から当たり前のようにやってきた行事ですが、
改めてその意味を考えるのはなかなか面白いです。

節分をはじめとする季節の行事は、
きっと地域という単位だけでなく、それぞれの家で、
それぞれのオリジナリティがあるのだと思います。




スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 22:41:32|
  2. お菓子

1月28日ランチメニュー

とろける蕪のひき肉詰め

1月28日(水)ランチメニュー

・メイン・
肉料理 ミニハンバーグのオニオンデミソース
       (明日29日は和風おろしハンバーグを予定しています。)
魚料理 とろけるかぶのひき肉詰めと揚げ魚のだしあんかけ

・サイド・
じゃがいもと鮭のスープ
二色ソースの豆腐グラタン
野菜サラダ
赤米ごはん

・デザート・
米粉と小豆のシフォンケーキ

__________________________________________

写真は「とろけるかぶのひき肉詰め」。

かぶを丸ごと昆布とかつおだしで煮てから中身をくり抜き、
ひき肉とくり抜いた中身を合わせて中に詰め、蒸し器で蒸します。

ランチではこれに、ボイルした黄色人参と揚げ魚を添えてだしあんをかけ、
仕上げに大根おろし、大葉、おろし生姜、ゆずの皮をあしらってお出ししています。

とろとろのかぶと和風だしを利かせたあんがよく合う、料亭風メニューです。




  1. 2015/01/28(水) 22:27:46|
  2. ランチメニュー

2月11日(水)営業致します

蠟梅

来月2月11日(水)は祝日ですが、
お弁当、ランチ共に営業いたします。

ぜひ、ご利用ください。

________________________________

今日は比較的暖かく、ほんの少し春の気配を感じさせる一日でした。

蠟梅(ろうばい)の花が咲き始め、ふわりとした甘く芳しい香りを放っています。





  1. 2015/01/26(月) 19:34:28|
  2. お知らせ

豚肉とかぶのソテーと「あかぎ味噌」

豚肉のソテーとあかぎ味噌

本日のメイン、
「国産豚肉とかぶのソテー ガーリックオイル粒みそソース」です。

国産豚ロース肉をソテーし、素揚げしたかぶと盛り合わせ、
オリーブオイルとにんにくで香り付けしたみそソースをかけました。
(仕上げにガーリックチップ、素揚げしたエシャロット、プチトマトを添えて)

<ガーリックオイル粒みそソース>
1.小鍋に酒・みりん・砂糖を入れて煮立て、粒みそを合わせて混ぜる。
2.フライパンにオリーブオイルとスライスしたにんにくを弱火にかけ、
にんにくがきつね色になったら、オイルを1の鍋に入れてよく混ぜる。
(取りだしたにんにくはソテーの仕上げに飾る)

__________

粒みそは上州名産、「あかぎ味噌」の粒みそを使用しています。

大豆まるごとの粒感が楽しめる、
国産大豆100%、群馬県産大麦100%のこだわりのお味噌。

『ふるさとの香り、母の味』とあるように、
愛情が込められた、手作りの味わいのするとても美味しいお味噌です。

赤城味噌今井醤油
http://www.akagimiso.com/index.html
(木の台所のすぐ隣)

味はもちろんのこと、デザインやパッケージも素敵なので贈り物にもおすすめ。
(贈答用、化粧箱入りの麦みそ・米みそのセットは夫婦味噌のようでとても可愛い)


  1. 2015/01/20(火) 18:56:31|
  2. レシピ

1月20日ランチメニュー

開花の準備

1月20日(火)ランチメニュー

・メイン・
肉料理 国産ハーブ豚とかぶのソテー ガーリックオイル粒みそソース
魚料理 魚とえりんぎの粒マスタードソース (本日めかじき)

・サイド・
トマトと白玉のだしジュレ
しいたけと長ねぎのポタージュ
びんちょうまぐろのたたき風
豆腐のごまだれ
彩り野菜のサラダ
黒豆と赤米のごはん

・デザート・
こだわり卵を使ったティラミス

------------

今日から、一年で一番寒い頃とされる「大寒」に。

爽やかに晴れ、少し風の強い一日でした。



  1. 2015/01/20(火) 17:44:22|
  2. ランチメニュー

ぬか漬けブーム

塩のすりこみ

昨年の秋からプライベートでぬか床を育て始めました。

なんとなくの思いつきで始めたのですが、ぬか漬けを手作りしてみてびっくり、
ぬか床で野菜がこんなにも美味しくなるとは!

今まで漬物にあまり注目したことがなかったので、
「発酵の力」のすごさを今回初めて知りました。


カラフル大根のぬか漬け

家族にも好評で、「もっとたくさん漬けて」とリクエストをもらうので
今ではほぼ毎日、ランチやおべんとうの仕込みで出た野菜をもらって漬けています。
(写真はサラダで余ったカラフル大根を使ったぬか漬け)


ぬか床お手入れ

ぬか床は毎日かき混ぜます。

始める前は「毎日のお手入れが少し大変そう」と思っていましたが
ぬかと塩と野菜、人の手が様々に影響し合って育っていくぬか床。

まさに「生き物」そのもの、実際に始めてみるととても楽しく、
まるでわが子を育てるような気持ち、毎日その様子を肌で感じながらお手入れしています。


今時ぬか漬けをしているのは珍しいと思いきや、
どうも最近、自分の手で漬物を漬ける「おつけもの女子」が増えているらしい、と聞き
「なっちゃん意外と最先端だったね」と母。

昔ながらの日本の食文化の素晴らしさが見直されつつあるのかもしれません。

漬物はスーパーでも手軽に買うことができますが、
人の手を使い、手間と時間をかけて作られた手作りの漬物は本当に格別。
生きた、本物の味がします。


さすがにお菓子とデザート専門である私のぬか漬けが
ランチに登場することはないと思いますが、
麹などの発酵食品を使ったデザートはいつか出してみたいな、
と思っています。






  1. 2015/01/17(土) 23:12:14|
  2. その他

彩り野菜のサラダ

ジャーサラダ

今、保存瓶でサラダを作る「ジャーサラダ」が流行っているそうで、
今週のランチの「彩り野菜のサラダ」でも早速試してみました。

下から順に
人参、金時人参、黄色の人参、
きゅうり、プチトマト、紫キャベツが入っています。

最初にドレッシングを瓶に入れ、次に堅い野菜から順に入れていくのが
ジャーサラダの基本的な作り方のようですが、
今回は人参を入れた後にフレンチドレッシングをかけ、残りの野菜を詰めました。
(堅い野菜である人参の量がとても多かったため)

ひよこ豆やキドニービーンズなどのお豆を入れるのもおすすめです。


<フレンチドレッシングの作り方>
サラダオイル、穀物酢を3:1の割合で混ぜ、
フレンチマスタード、塩、胡椒、すりおろした玉ねぎとにんにく適量
で味付けする。


彩り野菜のサラダ
器に空けるとこんな感じに。

作り置きができて保存が効き、持ち運びが出来る点がジャーサラダの魅力。

見栄えがするので持ち寄りパーティーなどにも活躍しそうです。





  1. 2015/01/17(土) 21:33:45|
  2. レシピ

1月15日ランチメニュー

雨から雪へ

-1月15日ランチメニュー-

・メイン・
肉料理 和風おろしハンバーグ
魚料理 あじとサーモンのフライ ねぎタルソース

・サイド・
トマトと白玉のだしジュレ
かぶと春菊のポタージュ
彩り野菜のサラダ
ロマネスコのフリッター
赤米と黒豆のごはん

・デザート・
カラメルりんごのタルト

(*メニューは基本的に週替わりですが、
食材の仕入れの都合により、多少の変更がございます。)

-------------------

本日、雨の中たくさんの方にご来店いただき、
本当にありがとうございました。

早々に食材が完売してしまい、お帰りになられたお客様、
大変申し訳ありませんでした。

橋をわたって来て下さるすべての方に、心地よく食事を楽しんで頂けるよう、
スタッフ一同、日々努力していきたいと思いますので、
これからもどうぞよろしくお願い致します。






  1. 2015/01/15(木) 16:28:32|
  2. ランチメニュー

和ショートブレッド

和ショートブレッド
-和ショートブレッド-

ショートブレッドとはスコットランドの伝統的なお菓子のことで、
サクサクでバターたっぷりのリッチな味わいが特徴。

基本の材料はとてもシンプルで、小麦粉・バター・砂糖・塩のみ。

今回は、抹茶・きなこ・黒ごまでアレンジ、
和風味のショートブレッドを作りました。

群馬県産100%の地粉、沖縄県産きび砂糖、
伝統的な製法で作られた『粟国の塩』を使用しています。

和ショートブレッド(3本1セット)
3本1セット(税込302yen)
明日より、店頭にて販売予定です。(なくなり次第終了)


  1. 2015/01/14(水) 22:58:56|
  2. お菓子

メニューアイディアメモ

アイディアメモ
お店の料理をすべて担当する母の、メニューについてのアイディアメモです。

ランチ・おべんとう共に毎週新しいメニューでお客様にお出ししているため、
メニューのヒントについてはいつでもどこでも常にアンテナを張っています。


メニュー思案中
営業がお休みの日、一緒にお茶を飲みに行った先で。

急にランチメニューについてのアイディアを思いついたらしく、
マイメモを忘れたとのこと、急遽紙ナプキンにメモしていました。


ランチ イメージメモ
今週のランチメニューのイメージメモ

料理もファッションと同じで流行があったりもするので、
時代の流れに敏感になり、常に勉強していく必要がある、とのことです。









  1. 2015/01/12(月) 23:44:34|
  2. その他
次のページ