FC2ブログ

-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

バレンタイン・プティ・ショコラ

ショコラ

今年のバレンタインは、年初めに参加したショコラレッスンでの学びを生かして
本格プティ・ショコラを作りました。

チョコレート菓子作りは、「ショコラティエ」と呼ばれる独立した専門職があるように、
温度を上げたり下げたり、シンプルで科学的・・・お菓子作りとはまた違った面白さがあります。

今回作ったのは、(上の箱左から)皮つきスライスアーモンドをキャラメリゼしてミルクチョコレートでコーティングしたもの、
ホワイトガナッシュにくるみを入れ、ザクザクのクランチ入りのホワイトチョコレートでコーティングしたもの、
しっとりとしたフルーツとラムレーズン、ビターココアのケーキをまとめてボール状にしチョコレートをまとわせたもの、
自家製甘夏パート・ド・フリュイのチョコレートがけと、ノワゼットのビターチョコレートガナッシュ。

チョコレートは、フランスのペック社のクーベルチュールチョコレートを使いました。
とても口どけが良く、なめらかで豊かな風味が広がります。


パート・ド・フリュイ、とはフルーツのピュレをゼリーのように固めたお菓子のこと。

昔はただの甘いだけのゼリーだと思っていたのですが、
以前南仏を旅した際、プロヴァンスのマルシェでおしゃべりなお兄さんが様々な種類のパート・ド・フリュイを
売っていて、試食させてくれました。(たしかカシスだった)

これがとっても美味しかった!

お砂糖のかたまりみたいな味かと思いきや、フルーツそのもの!

とてもフレッシュでフルーティー、こんなに美味しいんだ、と感動の発見でした。

今回は、ご近所の方に甘夏をたっぷり頂いたので、

果汁を絞り、皮は自家製のピールをつくって、甘夏エキスをぎゅっと詰め込んだ
パート・ド・フリュイを作ってみました。

これにチョコレートをまとわせてバレンタイン仕様に。


チョコレート作りは年の一度のお楽しみ。

日ごろの感謝をこめて。

来年も楽しいショコラを作れたらいいな、と思っています。




スポンサーサイト



  1. 2020/02/21(金) 22:12:30|
  2. お菓子
  3. | コメント:0

Birthday♪Cake

DSC_0680.jpg

ご依頼をいただき、

はじめてのお誕生日を迎える女の子とご家族のために
さくらんぼのバースデーケーキを焼きました。

きび砂糖ほんの少しとメープルシロップで甘み付け、
かなり甘さ控えめ。

旬のさくらんぼとブルーベリー、
米粉と健やかな平飼い有精卵で、やさしいケーキに仕上げました。

リング型の真ん中は
全粒粉と黒糖のジャムサンドクッキー。(あんず&いちご)



Nacchan!
おたんじょうびおめでとう♡

ママのおなかにいるころから知っているので

どんどん成長していく姿を見るの、なんだかまぶしいです。


これからも、あたたかいご家族のなかで、
明るく健やかに、素敵な女の子に育っていくのだろうな。

大きくなったら、ぜひママといっしょにランチしにきてね!









  1. 2018/07/09(月) 17:09:10|
  2. お菓子
  3. | コメント:0

くるみのタルトカップ

くるみのタルトカップ

先月4月の下旬に店頭で販売したお菓子、
「くるみのタルトカップ」です。

クリームチーズとバターの塩味生地を伸ばしてグラスの底で抜き、
マフィン型やプリン型に敷きこんで焼き、タルトカップを作ります。

そこへくるみとブラウンシュガー、ココナッツシュガー、卵、バター、ラム酒を
合わせたフィリングを流し込んで焼き上げた、一口サイズの焼き菓子。

仕上げはアーモンドスライスとアイシングで飾りました。

タルトはサクサクと軽い口当たりですが、
中のくるみフィリングはココナッツシュガーとブラウンシュガーで
しっかりとした甘味とコクがあります。

一仕事終えて、ほっと一息つきたい時、
丁寧に入れた美味しいコーヒーと一緒に食べてほしいお菓子です。



クッキーレシピブック

今回のくるみのタルトカップは、「クッキーの本」で紹介されている
「ウォルナッツカップ」のレシピを参考に作りました。

小さなころから、お菓子のレシピ本を眺めるのが好きでしたが、

中でも初めて自分のおこづかいで買った、オレンジページのレシピブックシリーズ、
「チョコレートの本」と「クッキーの本」は今でもお気に入り。

細部まで丁寧に作られたこのレシピブックは
20年近く経った今でも、色あせることなく、ページをめくる度に夢を見させてくれます。

それぞれのお菓子のイメージに合わせた食器や小物の選び方、スタイリングの仕方が
とてもハイセンスで!

お菓子と、その背景にある「豊かな暮らしの営み」のようなものを感じさせてくれ、
毎日の生活そのものが楽しい、と思えるような本。

ラッピングのアイディアやお菓子にまつわるコラムなど、
小さいけれど隅々まで楽しい、宝物のような一冊です。


  1. 2017/05/06(土) 15:15:51|
  2. お菓子
  3. | コメント:0

バレンタインのお菓子

2月14日はバレンタインday。

店頭ではバレンタインのためのお菓子を販売しています。


ガトー・ショコラ
<オレンジリキュールのガトー・ショコラ>

レーズンとくるみの入ったクーベルチュールのショコラケーキに、

オレンジリキュールでフルーティに風味づけました。


しっかりとした食感、大人のためのケーキです。



チェリーのチョコレートケーキ
<アーモンドとさくらんぼのチョコレートケーキ>

サワーチェリーとアーモンドを加えたカジュアルなチョコレートケーキです。

こちらは、しっとり&ふんわりで軽い食感。

チェリーのやさしい酸味がチョコレートによく合います。



Biscotti

定番のビスコッティも販売中。

くるみと胡麻の2つの味が楽しめます。

アーモンドパウダーがたっぷりで、くせになる美味しさ!



 大切な方へ、美味しい時間をお届けできますように。






  1. 2017/02/13(月) 23:56:10|
  2. お菓子
  3. | コメント:0

りんごの季節

姫りんご

りんごの季節がやってきました。

そのまま食べたり、コンポートにしたり、ケーキにしたり・・・

色々試しています。


りんごマフィン

店頭販売用にはりんごとくるみのマフィンをお出ししました。

小麦粉を減らし、おからを少し加えることで

時間が経ってもしっとりとした食感を残せるようにしました。


秋のくだもの、といえばやっぱり「りんご」。

スコーンも焼いてみようと思っています。

  1. 2016/11/12(土) 16:36:20|
  2. お菓子
  3. | コメント:0
次のページ