-Natural style- 木のレシピ畑

お店のお知らせとレシピの紹介

炊き込みチキンピラフのレシピ

先週のおべんとう、一番人気は

STAUB
STAUB(ストウブ)のお鍋を使って炊いた・・・




ピラフ!
チキンの炊き込みピラフ!


Deli チキンピラフ
3種類のおかずとセットのDeli box として販売しました。


人気メニューだったので
作り方を紹介したいと思います。


<炊き込みチキンピラフの作り方>

  -材料- (5~6人分)

・米 2カップ

・鶏肉(ももorムネ、お好みで) 200g

・パプリカ 100g

・にんじん 50g
・たまねぎ 200g
・セロリ   50g

・にんにく 1かけ

・オリーブオイル 適量

・カレー粉、パプリカパウダー 各大さじ1

・スープ
  (水2カップ、塩大1/2、コンソメ1個)


(下準備)
・米は洗ってザルに上げておく。(浸さなくてよい)

・スープの材料を鍋に入れ、熱くしておく。(沸騰直前くらい)

・にんにく・玉ねぎはみじん切り、野菜はそれぞれ1~2㎝の角切りにしておく。

・肉は一口大に切り、塩・胡椒(分量外)をし、オリーブオイルをひいたフライパンで焼いておく。


  -作り方-

1.厚手の鍋を中火で熱してオリーブオイルをひき、にんにくを炒める。

2.にんにくのよい香りがしてきたら、玉ねぎ、にんじん、セロリの順に入れ、
  その都度炒める。

3.野菜全体がしんなりとしてきたら米、カレー粉、パプリカパウダーを加えてよく炒める。

4.お米が透き通ってきたら、熱くしておいたスープを注ぎ(ジュワ!と音がします)、
  パプリカと鶏肉をならべて蓋をする。

5.火を弱火にして10分、その後火を止めて10分蒸らす。

6.蓋を開け、全体をほぐすようにまぜて、できあがり!


<+αのひと手間>
鶏肉の下味は、塩と胡椒だけでももちろんいいのですが、

タンドリーチキン風に作るのもおすすめ!(Deli Boxもこれでお出ししました)

作り方は一口大に切った鶏肉を
ヨーグルト、パプリカパウダー、ハーブソルト、塩、胡椒、にんにくスライス
でよく揉み込み、数時間~一晩おいたものをオリーブオイルでソテーし、後は同じように作ります。

ヨーグルト効果でお肉やわらか。
パプリカパウダーを使うことで、鶏肉においしそうな色がつきます。


<炊飯器バージョン>
より手軽に、炊飯器で作ることもできます。

1~3までをフライパンで作り、材料を炊飯釜にうつし、スープを注ぎ、
鶏肉とパプリカを上にならべて炊飯スイッチを押せばOK。


_____

ちょっとしたお祝い事や、パーティーなどにも活躍。

アウトドアの料理としても使えそうです。

お鍋のまま食卓に出すと楽しい雰囲気に!




スポンサーサイト
  1. 2016/10/18(火) 20:07:52|
  2. レシピ
  3. | コメント:0

ポークチャップ

ポークチャップ

先週のおべんとうメニューの一つ、ポークチャップが大好きなので、
母に教わりながら夕食用に作ってみました。

普段目分量で作っているので、かなり大まかではありますが
簡単な作り方を紹介します。

トマトケチャップに手作りドレッシングを加えることで、
コクがありながらもさっぱりとした味に仕上げることができます。

<材料>
豚肉(もも、ロースなどお好みで)
玉ねぎ
パプリカ、ピーマン(なくてもよい)
トマトケチャップ

<ドレッシング材料>
サラダオイル・お酢(3:1位の割合で)、
フレンチマスタード、塩こしょう、すりおろしにんにく・玉ねぎ
→あらかじめ混ぜ合わせておく。


<作り方>
熱したフライパンにサラダオイルをしき、5mm幅くらいにスライスした玉ねぎを
しんなりするまで炒め、一度お皿に移す。

同じフライパンで豚肉を炒め、大体火が通ったらピーマン、パプリカを加え、
炒めておいた玉ねぎを戻し、トマトケチャップを入れて少し炒める。

ドレッシングを加え、ケチャップとなじませるように炒め合わせて出来上がり。

____________________

出来たての熱々よりも、少し冷めたくらいが味が落ち着いて美味しいです。

「ポークチャップ」を初めて知ったのは確か大学生の頃で、
下宿先に母が遊びに来た際に作ってくれたメニューでした。

その時は豚肉と玉ねぎにパイナップルを加えたポークハワイアン風で、
味付けはケチャップにウスターソースを合わせただけの簡単バージョンだったのですが、
簡単でおいしい!と感動した覚えがあります。

簡単バージョンでも十分おいしいのですが、今回のドレッシングを加えるレシピで作ると、
すりおろし玉ねぎが自然な甘みを引き出してくれ、味に奥深さが加わります。


適度な酸味があってごはんが進むので、これからの暑い季節にもぜひ、
おすすめのお気に入りメニューです。







  1. 2015/06/30(火) 23:50:15|
  2. レシピ

さばの照り焼き(おべんとうメニュー)

さばの照り焼き

今週のおべんとうメニューの一つ、「さばの照り焼き」です。

さばが苦手、という方は少なくないのですが、
国産のジューシーなさばを使っていることと、つやつやの「照り」効果もあってか、
今週の人気メニューとなっています。

下に敷いたほうれん草と一緒に食べるとさらに美味しい、温かい家庭の味です。


<さばの照り焼きの作り方>

さばの切り身に、すりおろした生姜と酒をふりかけ(臭みを消すための大切なポイント)、
水気を取り、両面に片栗粉をうすくまぶす。

熱したフライパンに油をひき、皮の面を下にして焼く。
皮がこんがりとしたら裏返し、しばらく焼いてから照り焼きのたれを入れて
からめ、照りがでるまで煮詰めたらできあがり。

・さばの代わりにに鶏肉で作っても美味しく出来ます。


<照り焼きのたれの作り方>
砂糖100g、酒100cc、みりん100cc、醤油200cc
を鍋に入れて煮立て、砂糖が溶けたところで火からおろしてできあがり。

・照り焼きのたれはまとめて作っておくと便利です。
・これに胡麻油や酢を加えると、中華風のアレンジになります。







  1. 2015/03/19(木) 21:50:55|
  2. レシピ

豚肉とかぶのソテーと「あかぎ味噌」

豚肉のソテーとあかぎ味噌

本日のメイン、
「国産豚肉とかぶのソテー ガーリックオイル粒みそソース」です。

国産豚ロース肉をソテーし、素揚げしたかぶと盛り合わせ、
オリーブオイルとにんにくで香り付けしたみそソースをかけました。
(仕上げにガーリックチップ、素揚げしたエシャロット、プチトマトを添えて)

<ガーリックオイル粒みそソース>
1.小鍋に酒・みりん・砂糖を入れて煮立て、粒みそを合わせて混ぜる。
2.フライパンにオリーブオイルとスライスしたにんにくを弱火にかけ、
にんにくがきつね色になったら、オイルを1の鍋に入れてよく混ぜる。
(取りだしたにんにくはソテーの仕上げに飾る)

__________

粒みそは上州名産、「あかぎ味噌」の粒みそを使用しています。

大豆まるごとの粒感が楽しめる、
国産大豆100%、群馬県産大麦100%のこだわりのお味噌。

『ふるさとの香り、母の味』とあるように、
愛情が込められた、手作りの味わいのするとても美味しいお味噌です。

赤城味噌今井醤油
http://www.akagimiso.com/index.html
(木の台所のすぐ隣)

味はもちろんのこと、デザインやパッケージも素敵なので贈り物にもおすすめ。
(贈答用、化粧箱入りの麦みそ・米みそのセットは夫婦味噌のようでとても可愛い)


  1. 2015/01/20(火) 18:56:31|
  2. レシピ

彩り野菜のサラダ

ジャーサラダ

今、保存瓶でサラダを作る「ジャーサラダ」が流行っているそうで、
今週のランチの「彩り野菜のサラダ」でも早速試してみました。

下から順に
人参、金時人参、黄色の人参、
きゅうり、プチトマト、紫キャベツが入っています。

最初にドレッシングを瓶に入れ、次に堅い野菜から順に入れていくのが
ジャーサラダの基本的な作り方のようですが、
今回は人参を入れた後にフレンチドレッシングをかけ、残りの野菜を詰めました。
(堅い野菜である人参の量がとても多かったため)

ひよこ豆やキドニービーンズなどのお豆を入れるのもおすすめです。


<フレンチドレッシングの作り方>
サラダオイル、穀物酢を3:1の割合で混ぜ、
フレンチマスタード、塩、胡椒、すりおろした玉ねぎとにんにく適量
で味付けする。


彩り野菜のサラダ
器に空けるとこんな感じに。

作り置きができて保存が効き、持ち運びが出来る点がジャーサラダの魅力。

見栄えがするので持ち寄りパーティーなどにも活躍しそうです。





  1. 2015/01/17(土) 21:33:45|
  2. レシピ
次のページ